COLUMNコラム

豊胸手術は痛いって本当?不安に感じている際の注意点

未分類

「豊胸手術は痛いって噂を耳にする」「痛みが不安で手術を受けられない」という方も多いのではないでしょうか?

バストアップを実現したいものの、豊胸手術の痛みを懸念している方も少なくありません。

また、実際に手術で痛みを感じた経験がある人も存在します。

本記事では、豊胸手術の痛みや、不安に感じている際の注意点を解説します。

この記事を読むことで、痛みに関する不安をどのように解消するべきかを理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

豊胸手術は痛いって本当?

豊胸手術は痛いという噂を耳にしたことはありませんか?

実際に豊胸手術は痛いものなのでしょうか。

結論から述べると、豊胸手術は手術の種類によっては、痛みが生じるケースがあります。

例えば、シリコンバッグ挿入豊胸は、人工物であるシリコンバッグを挿入する必要があるので、手術中に身体に負担がかかる可能性があります。

他にも、手術後の傷跡やバストの内側、マッサージによる痛みなど、様々な痛みが生じる可能性があるので、事前に豊胸手術に関する理解を深めることが大切です。

豊胸手術でよくある痛み

豊胸手術ではどのような痛みが生じる可能性があるのでしょうか?

ここでは、豊胸手術でよくある痛みについて紹介します。

傷口の痛み

メスを使用する豊胸手術であれば、傷口に痛みが生じる可能性が高まります。

もちろん、手術中は麻酔を使用するため、痛みを軽減できますが、手術後に傷口が痛むことがあるのです。

例えば、先述したシリコンバッグ挿入豊胸は、シリコンバックを胸に入れる手術であるため、基本的にメスを使用します。

そのため、手術中だけでなく、手術後にも身体へのダメージが大きく、痛みを感じるケースが多いようです。

バスト内の痛み

豊胸手術によって、バストの内側が痛むことがあります。

手術後に内出血や腫れが生じてしまうと、バストの内側が痛むようになるためです。

例えば、脂肪注入による豊胸手術の場合も、内出血がある可能性があります。

また、バストも手術後しばらくは腫れが続く可能性があるので注意が必要です。

痛みは炎症が落ち着くのに伴って、低減されていきますが、手術後でもバストの内側に痛みを感じる可能性があることを覚えておきましょう。

マッサージによる痛み

豊胸手術によっては医師からマッサージをするようにいわれることがあります。

マッサージをする際に痛みが生じ、思うようにマッサージできないことがあるため、注意が必要です。

例えば、シリコンバッグ挿入豊胸手術は、手術後にマッサージが求められます。

しかし、強い痛みを感じた経験がある人も多く、途中でマッサージをストップしてしまう人も少なくありません。

近年はマッサージが不要である豊胸手術も増えているので、マッサージによる痛みについて確認することが大切です。

シリコンバッグを挿入する際の痛み

シリコンバッグを挿入する際に痛みが生じる可能性があります。

シリコンバッグを挿入する位置によって、生じる痛みにも差があります。

特に大胸筋の下にシリコンバックを入れる場合、強い痛みが生じる可能性があるので注意しましょう。

また、身体に負担のかかる手術であるため、手術後はしばらく身動きが取れないことがほとんどです。

このようなダウンタイムを懸念している方は、シリコンバッグ挿入豊胸を避けるべきといえるでしょう。

脂肪注入の痛み

シリコンバック挿入と同様に、脂肪注入によっても痛みを感じる患者さんが見受けられます。

痛みの種類としては、筋肉痛と似たような痛みといえるでしょう。

大胸筋の下に脂肪を注入する場合、手術後1週間は痛みが続くことが予想されます。

仕事や家事を思うようにできないこともあるので、手術後はしばらく休みが必要になる可能性があります。

豊胸手術で生じる痛み以外の症状

豊胸手術では痛み以外にも様々な症状が懸念されます。

ここでは、豊胸手術で生じる痛み以外の症状を確認しましょう。

感染症にかかる

豊胸手術を受けることで、感染症にかかる可能性があります。

高熱や痛み、皮膚の赤みが生じることがあるので注意が必要です。

例えば、脂肪注入豊胸の場合、従来の生理食塩水で洗浄する方法を用いると、感染症にかかるリスクが上がります。

バストに注入する脂肪に細菌やホコリが含まれてしまうと、バスト内で炎症が起きてしまうのです。

そのため、豊胸手術の方法を選定する際は、感染症のリスクがない豊胸手術を選択することが求められます。

出血がある

脂肪注入手術などの豊胸手術では、バストに内出血が起こる可能性があります。

注入の際に使用する針によって血管が傷つけられてしまうためです。

バストを安定させるために内出血が起こりやすい場所にあえて脂肪を注入するケースもあるので、担当医としっかりと相談するようにしてください。

内出血が起きている場所は紫色から黄色と、色素が変化していきます。

時間が経てば次第によくなりますので、経過をしっかりと見守りましょう。

腫れがある

豊胸手術後に胸が腫れてしまう可能性があります。

時間が経てば胸の腫れは引いていきます。

腫れが落ち着くにつれて胸が少しサイズダウンしているように感じることがありますが、定着した脂肪分だけしっかりとサイズアップしていますので、安心しましょう。

万が一腫れがなかなか治らない場合、炎症がひどくなっている可能性があります。

すぐに医療機関でバストの状況を確認してもらうようにしましょう。

豊胸手術の痛みに不安を感じている際の注意点

豊胸手術の痛みを低減するにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、豊胸手術の痛みに不安を感じている際の注意点を紹介します。

マッサージを避ける

豊胸手術をした後は、シリコンバック豊胸以外の場合はマッサージを避けることをおすすめします。

手術を受けた方の中には、バストの血行をよくすることで状況を改善しようとして、バストのマッサージを行う方も存在します(医師からマッサージをするように指示があった場合は別)。

しかし、マッサージをすることで、痛みが生じる可能性があるだけでなく、バストの形に影響が及ぶことがあります。

また、脂肪が固まってしまい、しこりになる可能性があるので、基本的にマッサージは避けるようにしましょう。

喫煙やダイエットを避ける

豊胸手術後は、喫煙やダイエットを避けることが重要です。

脂肪注入手術の場合、脂肪を定着させるために酸素が必要になります。

しかし、タバコを吸うことで体内における酸素の循環が悪くなり、脂肪が定着しづらくなります。

また、ダイエットをしてしまうと、せっかくサイズアップしたバストのボリュームがなくなってしまうケースがあります。

必要な栄養素をしっかりと摂取して、バストが安定するように工夫しましょう。

カウンセリングで相談する

豊胸手術の痛みに不安を感じている方は、カウンセリングで相談しましょう。

痛みが不安である方に向けて、なるべく痛みがないように手術のプロセスを工夫してくれる可能性があります。

また、カウンセリングの手術を担当する医師が行っているクリニックを選びましょう。

担当医に直接不安点を伝えることで、手術中に考慮してもらえる可能性が高まります。

不安がある状態で手術を受けるのは、極めて危険ですので、納得のいくまで相談することが大切です。

技術力の高いクリニックを選ぶ

クリニックを選定する際は、技術力の高いクリニックを選ぶようにしましょう。

手術を担当する医師のスキルによって、仕上がりが異なる可能性があります。

クリニックのホームページで評価を確認するのではなく、口コミサイトやブログなどで技術面のレビューを確認するようにしましょう。

また、実際にカウンセリングを通して信頼できそうか判断することが大切です。

脂肪再生豊胸を選ぶ

豊胸手術の痛みが不安な方は、脂肪再生豊胸を選ぶことをおすすめします。

脂肪再生豊胸とは、クリニックビューティー恵比寿が提供している手術です。

脂肪再生豊胸溶液をバストに注入して、脂肪組織の自己再生能力を活性化します。

メスを使用せずに手術を完了できるだけでなく、ダウンタイムがほとんどないので、痛みを感じる可能性が少ないのです。

安全性も非常に高く、感染症や発がんのリスクはありません。

まとめ

今回の記事では、「豊胸手術は痛いの?」と不安を感じている方に向けて、豊胸手術の痛みや、痛みに不安を感じている際の対処方法について紹介しました。

豊胸手術の種類や方法などによって、痛みが生じる可能性があります。

痛みが少ない方法の手術を選んだり、カウンセリングで相談したりして、痛みをなるべく感じないように工夫することが大切です。

脂肪再生豊胸は痛みを感じにくい手術であるだけでなく、安全性の高さで定評を集めています。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~