COLUMNコラム

垂れた胸を整形して上向きに!垂れたバストを上向きにする豊胸手術の特徴と費用について

未分類

バストの悩みは尽きませんが、中でも胸が垂れてしまうことに悩む女性は多いです。

もともとバストに自信があった方でも、加齢とともに胸が垂れ下がってしまう場合もあるでしょう。

胸が垂れてしまうと急に老けて見えるようになり、ボディラインが崩れて自分の好きなファッションも楽しめません。

胸は体の中でも目立つ部分なので、個人の印象がバストによって左右されることも考えられるのです。

そのため、胸の垂れが気になる方は、胸の整形である豊胸手術を受け、ボディラインを若返らせると良いでしょう。

この記事では胸が垂れてしまう原因と、垂れた胸に最適な豊胸手術の方法を説明します。

胸が垂れてしまう原因は?

最初に、なぜ胸が垂れてしまうのかという原因をまとめました。

バストサイズの急激な変化があった

妊娠・出産・授乳のタイミングで、女性のバストは大きくサイズが変わります。

多くの方は2カップ程度胸が大きくなりますが、授乳後に元のサイズに戻った際には、皮膚や胸の脂肪を支えるクーパー靭帯が伸び切ってしまっているのです。

出産を経験すると胸が垂れやすいというのは、このような理由になります。

妊娠・出産によるバストサイズの変化には個人差がありますが、サイズの変化が大きかった方ほど胸が垂れやすいと言えるでしょう。

間違ったサイズのブラジャーを使っている

自分に適していないサイズのブラジャーをつけていると、胸が垂れやすくなります。

ブラジャーのサイズが大きすぎれば胸をしっかり支えられず、小さすぎると胸周りの血流が悪くなるでしょう。

また、ブラジャーのサイズが合っていても、着用方法が間違っていると意味がありません。

正しい着用方法ができなければ、カップ内に脂肪を収められないためです。

ブラジャヤーサイズがよく分からないという方は、ランジェリーショップでプロに相談すると良いでしょう。

血の巡りが悪い

血流が悪くなると、胸に栄養素が届きにくくなってしまいます。

栄養不足の胸はハリを失い垂れやすくなるでしょう。

運動不足・冷えなどの原因で血液やリンパの流れが滞っている方は、老廃物も体から排出されにくくなります。

姿勢が悪い

背筋を伸ばすと腹筋・胸筋・背筋が自然に使用されますが、姿勢が悪くなると筋肉が使われずにどんどん弱まっていきます。

胸周りの筋肉が弱くなると、バストの形に悪い影響を与えるでしょう。

また、姿勢の崩れは血の巡りも悪くしてしまいます。

うつ伏せで眠ることが多い

うつ伏せで眠ると、自分自身の体重で胸を押し潰し、胸の形を崩してしまいます。

仰向けで眠っても胸の脂肪は横に流れていくため、就寝時にはナイトブラをつけて胸を適度に固定すると良いです。

自分の胸が垂れているかをチェックする方法

自分の体を鏡の前で定期的にチェックしている方でも、本当に自分の胸が垂れているのかどうかが自覚できないこともあります。

ここでは、自分の胸が垂れているかチェックする方法を紹介しましょう。

正面から見て乳首が下を向いている

ブラを外して鏡の前に立ち、乳首が真正面ではなく下向きになっている状態は、胸が垂れていると言えます。

はっきりと下向きになっていなくても、少し下方向を向いていると感じるのであれば、胸の垂れがはじまっていると言えるでしょう。

鎖骨の中心と両乳首の線が正三角形にならない

胸が垂れていない状態であれば、鎖骨の中心のくぼみと両乳首を線でつなぐと正三角形になります。

ブラを外して鏡の前に立ってこの3つの線を計測してみます。

バストが垂れている方は、正三角形ではなく二等辺三角形になっているでしょう。

垂れてしまった胸には豊胸手術がおすすめ

垂れてしまった胸は、残念ながら自分の力で元通りの状態に戻すことが難しいです。

特に、胸の大きな方は支えるべき脂肪の量が増えるため、より対応が難しくなります。

垂れてしまった胸をすぐに改善したいと思うのであれば、胸の整形と言える豊胸手術を受けると良いです。

豊胸手術であれば、どのような理由で胸が垂れてしまっているとしても、しっかりバストを上向きに整えられるでしょう。

特におすすめできる豊胸手術については、次の章でお伝えします。

垂れてしまった胸におすすめの脂肪再生豊胸とは

豊胸手術にはいくつもの種類がありますが、中でも垂れてしまった胸の形を整えるためにおすすめの豊胸手術は、脂肪再生豊胸です。

ここでは、脂肪再生豊胸についての情報をまとめました。

脂肪再生豊胸とは

脂肪再生豊胸溶液を胸に注入して自分の脂肪を活性化させる脂肪再生豊胸では、脂肪を増やすことで胸にハリを取り戻します。

その他の豊胸手術と違い、自分の脂肪でできた胸が手に入るため、その触り心地・見た目ともに自然な仕上がりになるのです。

定着した脂肪が時間の経過によって、失われることもありません。

脂肪再生豊胸のメリット

脂肪再生豊胸にはいくつものメリットがあります。

まず紹介するべきメリットとして、患者への体の負担が最小限に抑えられるという事実があります。

脂肪再生豊胸では、手術が注射を使用した注入作業のみで完了するため、10分程度という短い時間で完了するのです。

局所麻酔も不要で、麻酔クリームと笑気ガスのみが使用されます。

また、増やさせるのは自分の脂肪であることから、脂肪細胞溶液が体に吸収されるための1ヶ月を避ければ、問題なく妊娠が可能になり授乳時の心配も不要です。

このようなメリットから、一生付き合っていく自分の胸を理想的な形にデザインする方法として、脂肪再生豊胸が優れていることが分かるでしょう。

脂肪再生豊胸に必要な費用

垂れた胸を整えるために最適な手術であると言える脂肪再生豊胸にかかる費用は、100万円前後となり、希望する胸のサイズによって価格が変わります。

垂れている胸を上向きにするためには、どのバストサイズが自分にとって最適であるかを医師に相談し、同時に価格についても確認しておきましょう。

その他の豊胸手術に比べて、多少割高に感じる方もいるかもしれませんが、豊胸手術の中には、術後に挿入物の交換など定期的な手術が必要なものも存在するため、総額面で考えれば大幅なコストダウンにつながるのです。

まとめ

胸が垂れてしまうと、ボディラインが崩れて体にフィットする服装を楽しめなくなります。

体型を隠すようになれば、自分に自信が持てなくなってしまう恐れもあるでしょう。

胸が垂れたからと言って自分の人生が左右されることのないよう、胸の整形である豊胸手術を受けて、上向きの若々しいバストを手に入れましょう。

自信のあるボディラインは、女性の生き方を前向きに変えてくれます。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~