TREATMENT修正豊胸

修正豊胸

シリコンゲルバッグ(シリコンジェルバッグ)豊胸、アクティブゲルおよびアクアフィリング豊胸(以下「アクア豊胸」)、脂肪豊胸、ヒアルロン酸豊胸だけでは満足した結果が得られない場合、脂肪再生豊胸をおこない、満足度の高い豊胸を達成するために修正豊胸を行います。シリコンゲルバッグ豊胸、アクア豊胸は術後すぐにボリュームが出て、術後あまり、減少することがありません。しかし、豊胸後にバストの形がいびつに感じたり、バストの感触が固く感じるなどの短所があります。当クリニックでは他の豊胸を行った後に、そのデメリットを改善するために行う豊胸を修正豊胸と呼んでいます。また、豊胸施術を受けていないバストで、バストの左右差や、バストの形の是正、デコルテの改善、乳房下垂の改善などを目的としても修正豊胸が行われます。

効果が持続する脂肪再生豊胸溶液は修正豊胸を行う上で重要なツールです

バストの形を修正するにはバストへのヒアルロン酸や脂肪細胞注入、脂肪再生豊胸があります。バストへのヒアルロン酸注入は注入したヒアルロン酸が硬くなったり、消えてしまったりするデメリットの多い施術です。脂肪細胞注入も施術後に注入した細胞が消失しまうことが多いのが現実です。しかし、脂肪再生豊胸では脂肪再生豊胸溶液が施術後すぐに全く無くなってしまうことはありません。さらに、脂肪再生豊胸による修正豊胸は他の豊胸術のデメリットを改善し、解決することができます。2~3回の施術を繰り返せば脂肪豊胸は成功するのでしょうか?皮膚の余剰のないバストやクーパー靭帯が伸びていないバストでは注入した脂肪細胞の定着率は低く、一度の脂肪細胞注入で脂肪豊胸が成功する可能性はかなり低いと考えられます。脂肪細胞注入によるバストの修正では脂肪豊胸の効果が発揮されにくいので、お客様がかなりの肉体的、精神的、経済的負担を感じます。脂肪再生豊胸は施術後に膨らんだバストの体積が減少しますが、1回から2回の脂肪再生豊胸の施術で修正効果が出ます。脂肪再生豊胸では脂肪豊胸のように施術後に施術効果がかなり消失するというデメリットがなく、その施術は簡単な鎮痛処置で注射により何回でも繰り返し行え、お客様への肉体的負担が最も少ない豊胸方法です。アクア豊胸でアクティブゲル、アクアフィリング(以下「アクア」)が時間とともに減少し、バストに少し張りがなくなったと感じたら、脂肪再生豊胸の施術を受ければすぐに弾力のあるバストを取り戻せます。

シリコン、ヒアルロン酸、アクア、脂肪豊胸での修正豊胸な必要な理由

ヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸では胸が萎(しぼ)んでしまうことがあります。ヒアルロン酸豊胸ではヒアルロン酸の種類により豊胸効果が無くなることがあります。アクア豊胸では粗悪品のアクアフィリングを使用してしまい、2週間以内に注入したアクアフィリングがなくなった例があります。また、アクア豊胸後に大胸筋を使う筋トレ、水泳、労働、舞踊では大胸筋と乳腺にアクアが挟まれて、大胸筋が頻回に収縮するとで、揉まれたアクアが、断片化しやすいと考えられます。このよう場合に脂肪再生豊胸をおこなうと乳腺後脂肪組織が増加して、大胸筋と乳腺に挟まれるアクアに対してクッション材となり、アクアが揉まれて、断片化することを防ぐと考えられます。このような場合以外にもシリコンゲルバッグ豊胸、ヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸では胸の形がいびつ(歪)になったり、挿入または注入した材料がバスト外から固く触知されることがあります。脂肪再生豊胸による修正豊胸がこれらのデメリットを解決します。ヒアルロン酸豊胸、シリコンゲルバッグ豊胸、アクア豊胸、脂肪豊胸後に脂肪再生豊胸を利用した修正豊胸を行うことで他の豊胸術によるデメリットで悩むお客様の精神的負担を軽減します。

修正豊胸は他の豊胸術のデメリットである外形的な問題を緩和

図1はシリコンゲルバッグ豊胸、アクア豊胸、脂肪豊胸後などの豊胸後のバストのイメージ図です。この図の矢印で示したバスト下端、外側、内側のバストは手術によってもバストの形が悪くなってしまうことが少なくありません。そのため乳輪がバストの中央より下方についているように見えてしまいます。手術でバスト下縁を下の方に移動させずに乳輪からバスト下縁の皮膚を進展させるとその部位の皮下組織が薄くなり、特にシリコンジェルバッグ豊胸ではシリコンゲルバッグをバスト外から硬く触れるようになります。 脂肪豊胸ではこの矢印で示した部位に丁寧にかつ密度を高く脂肪細胞を移植しても1回の皮下組織を伸ばすには限界があります。また、移植した脂肪細胞の定着率が高くない(全体で30%以下)ので、この矢印で示した部位の皮膚の伸びがあまり期待できません。 ヒアルロン酸豊胸ではこの矢印で示した部位にヒアルロン酸を入れて皮膚を進展させれば、これらの部位の皮下組織が薄くなり、ヒアルロン酸をバスト外から硬く触れるようになります。

図1の矢印で示したバスト下端、外側、内側のバストの皮膚の進展が良くない場合には、図2に示す部位に脂肪再生豊胸注射を行います。脂肪再生豊胸では注射部位が一時的に赤くなりますが、トランサミンの服用で軽快します。

その後、脂肪再生豊胸を用いた修正豊胸では、図3に示すように脂肪再生豊胸注射後1~3週間は何となく脂肪再生豊胸注射をした部位がわかります。1~3か月後には図4に示すように全く分からなくなります。このようなイメージでシリコン豊胸、アクア豊胸、脂肪豊胸後のバストの形や、バストの固い感触を修正することができます。

胸の形を整える(整容)場合

胸の形を整える場合にも脂肪再生豊胸溶液は有効です。料金は脂肪再生豊胸と同じでが、モニター料金はありません。以下に脂肪再生豊胸溶液によるバストの整容の適用を示します。脂肪再生豊胸溶液の回数と量はおおよその目安の値で、症例により変わります。

① 乳房の形を整えたい
ⅰ)乳房の乳輪より上部が痩せている。
→痩せている思われるところに脂肪再生豊胸溶液を注入する。

ⅱ)乳房の乳輪より下の膨らみが欲しい。
→乳腺後脂肪組織と大胸筋筋膜浅層の間に乳房最下端から22ゲージの針で注入して、注入された溶液を乳輪より上の乳房から用手で下方に押し下げる。

ⅲ)乳房の内側の膨らみが欲しい。
→脂肪再生豊胸溶液を乳房外側に注入する。


② 乳房の左右差を改善したい。
→小さいバストに脂肪再生豊胸溶液を10 mlから50 ml注入するが、乳房の形の左右差がでないように配慮する。

③ 授乳後の乳房の萎縮をなくしたい、乳房に張りを取り戻したい。
→総量200 mlの脂肪再生豊胸溶液の施術を2回行えばかなりの重症の場合も外観がほぼ改善する。従って、軽度な場合では総量100 mlの脂肪再生豊胸溶液の施術を1回行えばよい場合もある。

④ 乳房下垂I度および2度の外観を改善したい。
→下垂に萎縮が伴う場合には乳房再生豊胸が有効である。その量と回数は症例により異なるが、総量100 mlの乳房再生豊胸溶液100の施術を1回から総量200 mlの乳房再生豊胸溶液100の施術を2回で外観が改善する。

⑤ 乳房下垂を防止したい。
→乳房再生豊胸では乳腺と大胸筋筋膜浅層でのクーパー靭帯を発達させるので、総量100 mlの乳房再生豊胸溶液100の施術を1回か、総量200 mlの乳房再生豊胸溶液100の施術を1回で下垂防止の効果が望める。

⑥ 乳房表面の皮膚のしわを改善したい。
→総量100 mlの乳房再生豊胸溶液10の施術を1回か、総量200 mlの乳房再生豊胸溶液10の施術を1回で効果が出る。

⑦ デコルテの痩せを解消したい。
→1肋間に10 ml、左右で20 ml注入すれば解消できる。

⑧ デコルテの痩せを解消したい。
→総量100 mlの乳房再生豊胸溶液10の施術を1回~2回で外観を改善できる。

脂肪豊胸の問題点であるしこりを脂肪再生豊胸溶液注入で触らなくする

脂肪豊胸後の問題点について脂肪再生豊胸がどのように解決するかを説明します。図5に示したのは脂肪豊胸後のバストのイメージです。移植された脂肪細胞が十分定着せず、しこりであるオイルシストなどが形成されてしまい、オイルシストがバスト外から固く触れてしまいます。

図6はこのような脂肪豊胸の術後状態のバストに脂肪再生豊胸注射を行った結果のイメージです。図6ではオイルシストが消失したり、増加した脂肪で硬く触れたオイルシストが触れなくなったりします。バストの脂肪組織も増加し、乳腺組織も拡大し、クーパー靭帯も太く強くなります。その結果、大きくなったバストは形も崩れず、下垂しないようになります。脂肪再生豊胸では脂肪再生豊胸溶液注射を行う部位を選ぶことで、バストの形をある程度デザインできます。

シリコンゲルバッグを触れるのを脂肪再生豊胸溶液注入で改善する

シリコンゲルバッグ豊胸では、バスト下縁の皮下組織が薄くなり、シリコンがバスト外から固く触るということがしばしば見受けられます。これはバスト下縁だけではなく、バスト内側でも見受けられるデメリットな現象です。この状態を図7に示しています。図7のバスト下縁で、破線で丸く囲ったところ

がそれに当たります。シリコンゲルバッグ豊胸後にシリコンが固く触るところに脂肪再生豊胸注射を1~2回行うと、図8の矢印で示したようにバスト下縁の皮下組織・皮下脂肪組織が増加します。これと同じことを脂肪細胞移植で試みても、移植脂肪細胞(脂肪豊胸)の生着率が30%程度以下なので、脂肪豊胸を何回も行う必要があり、経済的、肉体的、精神的負担が脂肪再生豊胸よりもかなり大きくなります。

ヒアルロン酸豊胸により硬くなった乳腺組織は修正豊胸で緩和

脂肪再生豊胸はヒアルロン酸豊胸で硬くなった乳腺組織を柔らかくするとともにヒアルロン酸も減少させる効果があります。図9にヒアルロン酸豊胸後のバストを示します。ヒアルロン酸豊胸により乳腺組織が硬くなります。その原因は注入されたヒアルロン酸が乳腺組織に入り込み、ヒアルロン酸の含有する水分が乳腺組織に吸収され、ヒアルロン酸自体が固くなるためと考えられます。問題となるヒアルロン酸量が少ない場合は脂肪再生豊胸溶液注入でヒアルロン酸で硬くなった乳腺を柔らかくできます。

ヒアルロン酸豊胸後に脂肪再生豊胸を施術すると図10のようなバストになります。脂肪再生豊胸注射は液状なのでヒアルロン酸が入り込んだ乳腺組織に浸透して行きます。脂肪再生豊胸注射には線維芽細胞成長因子、脂肪乳剤が含まれており、乳腺周囲組織の再構築が起こります。この時にヒアルロン酸が分解されると考えられます。分解されたヒアルロン酸に替わり、脂肪組織が生成され、乳腺組織も拡大します。これによりヒアルロン酸豊胸後にバスト外から固く触られた乳腺組織はヒアルロン酸の減少、脂肪組織の増大、乳腺脂肪組織の拡大によりバストの感触が柔らかくなります。

ヒアルロン酸豊胸で注入されたヒアルロン酸周囲に2~3 ㎜の厚さの皮膜や、内部に突出した炎症性ポリープができている場合にはヒアルロン酸を融解して、脂肪再生豊胸をやり直す必要があります。詳しくは乗り換え豊胸をご覧ください。

アクア豊胸で表面から触知できるしこりは脂肪再生豊胸溶液注入で改善可能

アクア豊胸形成されたしこりは脂肪再生豊胸を行うことで治せます。この豊胸ではアクア豊胸で図11のように皮下組織が引き伸ばされ、注入されたアクアを“しこり”として触ります。注入した量が多い場合や皮下に近くアクアを注入してしまった場合やアクア豊胸をうけた胸をうつぶせ寝などで圧迫した場合に“しこり”が発生します。

このような状態に脂肪再生豊胸注射を行うことで、図12のようにバストの皮下脂肪組織が増え、しこりが触らなくなります。バスト表面にアクア豊胸を施術され、バスト外からしこりとして蝕知される場合はこれを解消できるのは脂肪再生豊胸しかありません。脂肪再生豊胸はバスト外から触れるアクア豊胸の硬さのデメリットを緩和します。また、アクア豊胸の欠点の一つであるデザイン性に融通性が少ない点も脂肪再生豊胸注射による修正豊胸で解消できます。ハイブリッド豊胸としてアクア豊胸と脂肪再生豊胸を組み合わせると2~3回の脂肪再生豊胸注射でバストサイズもブラジャーサイズで2カップほど大きくなり、形も整えることができます。

広告限定解除

お客様から採血し、血漿を分離する。線維芽細胞成長因子および脂肪乳剤をこの血漿に加えて脂肪再生豊胸溶液を調整します。

【施術】
笑気ガス吸入または麻酔クリーム塗布にて、鎮静または鎮痛をはかったうえでお客様のバスト皮下組織または乳腺後脂肪組織に22ゲージ注射針で脂肪再生豊胸溶液を注入します。脂肪再生豊胸溶液注入中は少なくとも動脈酸素分圧をモニターします。注入後15分から30分ベッド上で安静をはかる。止血を確認後、お客様に帰宅していただきます。

【リスク】
希望通りの胸の大きさ、形にならないことがあります。

【施術を受けられない方】
卵アレルギーのある方ではアナフラキシーショックで死亡する可能性がありますので施術を受けられません。他に受けられない可能性の病気、身体的状態がありますので、事前に医師にご相談ください。

【副作用】
脂肪再生豊胸の副作用は、バストの色素沈着や赤み、かゆみで数%前後の頻度でみられます。脂肪再生豊胸後に迷走神経反射と思われる胃の痛みや吐き気が1~数%の頻度で認められます。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

豊胸術20年以上、症例数3,800件を超える
経験豊富な院長がご対応いたします。

~ 経験豊富な院長にする ~