COLUMNコラム

手術なしで胸を大きくできる?安全性の高い脂肪再生豊胸とは

未分類

「豊胸手術なしでもバストアップを目指せる?」「安全性の高い豊胸手術とは?」

と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

バストアップを目指したいものの、豊胸手術を受けるのは勇気がいると、なかなか踏み切れない方も多く見受けられます。

しかし、現在は痛みやダウンタイムがほとんどない豊胸手術も開発されているので、最新情報を集めて自分にとって最適な手術を選ぶことが大切です。

今回の記事では、バストアップを目指したい方に向けて、手術なしで胸を大きくできるかどうかを解説します。

この記事を読むことで、安全性の高い豊胸手術について理解を深められるので、ぜひ参考にしてみてください。

手術なしで胸を大きくしたい!

豊胸手術を受けずに胸を大きくできるのでしょうか?

結論から述べると、確実に胸を大きくしたい場合は豊胸手術が最適です。

インターネットサイトで公開されているバストアップのマッサージやトレーニングなどは、医学的根拠がなく効果が保証されません。

確実に胸を大きくしたい方は、豊胸手術を受けるとよいでしょう。

ただし、豊胸手術にはデメリットも存在するので、そもそも豊胸手術を受けるべきかどうかを踏まえて、しっかりと検討することが大切です。

マッサージ

よくバストアップの方法として紹介されているマッサージ

マッサージは医学的根拠がなく、確実にバストをアップする方法として推奨されていません。

マッサージの方法によっては、垂れ乳を促進してしまう可能性があり、老けた印象を与えてしまいます。

バストを支えているじん帯がマッサージにより切れてしまい、垂れやすくなってしまうのです。

また、マッサージをしてバストアップしたと感じる方は、単にバストが腫れている可能性があるので注意してください。

トレーニング

バスト周りの筋肉をトレーニングすることでバストアップを目指す方も見受けられます。

しかし、トレーニングによるバストアップの医学的根拠も明らかにされていません。

例えば、合掌ポーズで力を入れてバストアップを目指すトレーニングがあります。

ただ、合掌ポーズのトレーニングでは、バストアップするほどの効果を実感できないことがほとんどです。

一般的なトレーニングでは劇的なバストアップを目指せませんし、筋トレを本格化するとボディービルダーのような厚いバストになってしまいむしろ逆効果です。

豊胸クリーム

現在は、バストアップに効果があるといわれている豊胸クリームが販売されています。

この豊胸クリームはマッサージやトレーニングと同様に医学的根拠が保証されていません。

豊胸クリームには、ボルフィリンやプエラリア、ヒアルロン酸などの成分が含まれています。

これらの成分は美容効果を期待できますが、バストアップの効果を得るのは難しいのが現状です。

豊胸クリームを塗布する際にマッサージをしてしまうと、先述した通り、下垂を促進してしまうため、胸の形が崩れてしまう可能性があります。

手術なしを希望する理由

ここでは、多くの人が手術なしでバストアップを希望する理由を紹介します。

傷跡の心配

豊胸手術に対する不安として、傷跡が残ることが挙げられるでしょう。

多くの人は豊胸手術はメスを使用する手術で、バストに傷跡が残ってしまうというイメージを持っています。

実際に、シリコンバック挿入豊胸手術は、シリコンバックをバストに入れる必要があるため、メスで切開するのが一般的です。

しかし、豊胸手術の中にはメスを使用しないものもあるので、傷跡を目立たなくすることもできます。

手術中の痛みの心配

豊胸手術中に生じる痛みを懸念する人が多く見受けられます。

メスを使用する豊胸手術中は基本的に麻酔を使用します。

そのため、手術中よりも手術後に生じる痛みの方が大きいといえるでしょう。

もちろん、豊胸手術の中には麻酔を使用しない手術も存在します。

笑気ガスや麻酔クリームのみを使用した注射の豊胸手術などもあるので、痛みが気になる方はメスを使用しない手術を選ぶとよいでしょう。

ダウンタイムの心配

ダウンタイムとは、手術後から通常の生活に復帰するまでにかかる期間のことです。

豊胸手術によってはダウンタイムが2〜4週間程度続くことがあります。

ダウンタイムが長引いてしまうと、仕事や家事ができないなど、生活面での心配が生じてしまうのです。

例えば、シリコンバック挿入豊胸は数日〜1週間程度入院することが求められます。

このように、ダウンタイムを懸念して豊胸手術をためらう人が多いのです。

手術がバレることの心配

豊胸手術を受けたくない方の中には、豊胸手術を受けたことが周りにバレることを心配している方が見受けられます。

豊胸手術によって出来上がったバストは、様々な要因でバレてしまう可能性があるのです。

例えば、触り心地が硬い、バストが横に流れず不自然、傷跡が残っているなどによって、豊胸手術を受けたことが知られてしまったというケースがあります。

バレにくい豊胸手術も開発されていますので、豊胸手術の方法を慎重に選ぶことが大切です。

副作用の心配

豊胸手術を受けることで、副作用が生じることがあります。

痛みやしこり、腫れ、炎症など、副作用の症状は個人によって様々です。

副作用が生じた場合、修正のために再び手術を受けたり、炎症や痛みが治るまで安静にしたりなど、適切な対応をする必要があります。

なお、副作用が見られる方はすぐにクリニックで診てもらうようにしてください。

自分でケアをするのではなく、専門知識に基づいた適切な処置を受けることが重要です。

コストの心配

豊胸手術を受けるには、ある程度の費用を用意する必要があります。

コストを懸念して、なかなか手術を受ける気にならないという方も少なくありません。

手術の種類によって費用は変わってきますが、100万〜300万円かかる手術も多く存在します。

十分なバストアップを実現できなかった場合は、追加施術で費用が増えていくため、理想のバストを手に入れるためにはお金がかかります。

現金やクレジットカードのほか、医療ローンを利用して支払うこともできるクリニックも存在します。

持続性の心配

手術の種類にもよりますが、豊胸手術による効果が持続しないことがあります。

バストのサイズを維持するために費用がかかるため、豊胸手術を躊躇する人が多いのです。

例えば、ヒアルロン酸豊胸の効果は3ヶ月程度といわれています。

また、脂肪注入豊胸は半年程度で元の大きさに戻っていくとされています。

半永久的に効果を保持できる豊胸手術もありますが、効果に対して疑念をもつ方は豊胸手術を受けないでバストアップを目指したいと考えています。

リスクの低い「脂肪再生豊胸」

ここでは、安全性が高い「脂肪再生豊胸」について説明します。

痛みやダウンタイムがほとんどない

脂肪再生豊胸は痛みやダウンタイムがほとんどない点が特徴的です。

体内の脂肪細胞を取り出して加工し、脂肪再生豊胸溶液をバストに注入します。

注射で脂肪再生豊胸溶液をバストに入れるため、メスを使用することはありません。

そのため、手術は麻酔を必要とせず、笑気ガスと麻酔クリームのみです。

施術時間は約10分となっています。

ダウンタイムもほとんどありませんが、バストが落ち着くまで1週間程度かかります。

しかし、注入後から15分から30分ベッドで安静にした後に問題がなければ、手術当日に帰宅することが可能です。

自然な仕上がりを目指せる

脂肪再生豊胸は自分自身の脂肪細胞を成長させてバストアップを目指す豊胸術です。

そのため、見た目も触り心地に関しても、自然な仕上がりを目指せます。

豊胸手術の中には、見た目や触り心地が不自然で周りにバレてしまうことがあります。

周りにバレたくない方は脂肪再生豊胸がおすすめです。

成果保証5㎝、成果保証7.5㎝など、プランによってバストアップを保証してもらえます。

安全性が高い

脂肪再生豊胸は安全性の高さが定評を集めている豊胸手術です。

感染症に関しては、これまでに実施した約3,800例の施術の中で、脂肪再生豊胸だけを施術した患者において感染症を引き起こした事例は見受けられませんでした。

また、発癌リスクを増大させることはなく、癌の成長を促進させることはないと考えられています。

さらに、メスを使用しない手術であるため、傷口の痛みなども抑えることができます。

まとめ

今回の記事では、豊胸手術なしでバストアップを目指したいという方に向けて、手術なしで胸を大きくできるかどうかについて解説しました。

インターネットサイトで公開されているマッサージやトレーニング、豊胸クリームなどは医学的根拠が証明されておらず、効果があるかは不明瞭です。

確実にバストアップを目指したい方は豊胸手術を受けることをおすすめします。

もちろん、豊胸手術にはデメリットもあるので判断力が求められますが、脂肪再生豊胸手術など、安全性の高い豊胸手術も開発されています。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

初診希望は先にフォームよりお申し込みください。

~ 診療・カウンセリング予約 ~

~ ご質問はメールのみ受付中 ~