COLUMNコラム

胸を整形する前に知っておきたい基本事項!豊胸手術の概要を解説

未分類

「胸のサイズをコンプレックスに感じている」「胸を整形しようか迷っている」
と豊胸手術に興味を持っている方は多く存在します。

豊胸手術で失敗しないためには、豊胸手術について理解を深めて、自分にとって最適な施術方法やクリニックを選ぶことが大切です。

今回の記事では、胸を整形する前に知っておきたい基本事項を解説します。

胸を整形した人の後悔・失敗についても紹介しますので、リスクに関しても知識を身につけましょう。

この記事を読むことで、胸を整形するべきか判断できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

胸を整形する前に豊胸について理解を深めよう

「バストをサイズアップしたい」「垂れた胸を改善したい」
など、胸の整形を考えている人は、豊胸手術を実行する前に豊胸について理解を深めましょう。

豊胸手術は、自身の身体に関わる手術になるので、どのようなリスクがあるか、身体がどのような影響を受けるか知っておくことが大切です。

現在は、メスを使用せずに気軽に手術を受けられる方法もあるので、施術のリスクを詳しく知らない状態で施術を受ける人も存在します。

しかし、リスクについて詳しく知らずに手術を行い、整形したことを後悔している人も一定数見受けられるので、まずは豊胸について理解を深めるところから始めましょう。

胸を整形した人の後悔・失敗とは

胸の整形で失敗した人は、どのようなことを後悔しているのでしょうか。

ここでは、胸を整形した人の後悔・失敗を紹介します。

効果が持続しない

せっかく豊胸手術を受けたのにも関わらず、効果が持続せずにコストが無駄になってしまったという声が見受けられます。

豊胸手術の方法によって、持続する効果は大きく異なるので注意が必要です。

例えば、ヒアルロン酸豊胸の場合、持続性はないので、効果は3ヶ月程度となっています。

効果が切れるたびに手術を受けるとなると、身体に多大な負担をかけてしまうため、効果の持続性について確認することが大切です。

触り心地に違和感がある

豊胸した胸の特徴として、触り心地に違和感がある点が挙げられるでしょう。

生まれつきの胸よりも触り心地が硬く、不自然な印象を与えます。

例えば、シリコンバック豊胸の場合、シリコンバックが石灰化したり、被膜拘縮を起こしたりすると、触り心地がどんどん硬くなってしまいます。

豊胸した胸の触り心地が気になる方は、脂肪再生豊胸など、自然な触り心地を実現できる豊胸手術を選ぶことが大切です。

手術跡が残ってしまう

豊胸手術によっては、手術跡が目立ってしまう可能性があります。

手術跡があるせいで、「海やプール、温泉などに行けない」「パートナーの前で堂々といられない」と感じている人も多いようです。

特に、先述したシリコンバック豊胸は傷跡が残りやすい傾向にあります。

一般的に、シリコンバックは脇の下やアンダーバストを切開して挿入するためです。

豊胸手術の中には、手術跡が残りにくい方法やメスを使用しない方法もあるので、慎重に豊胸手術の方法を選ぶようにしましょう。

理想のサイズにならない

バストサイズをコンプレックスに感じている方が、豊胸手術を受けた後に、イメージ通りのサイズにならなかったという感想を抱くケースがあります。

手術の方法によって期待できるサイズアップの度合いは大きく異なります。

また、サイズを大きくすればするほどコストが増加する傾向にあるので注意が必要です。

シリコンバック豊胸は大幅なサイズアップを目指しやすいと言えるでしょう。

しかし、シリコンバック豊胸にはデメリットも多数存在するので、デメリットもしっかりと見極めた上で手術方法を選ぶことが大切です。

痛みが生じる

豊胸の手術中や手術後に痛みが生じるケースが見受けられます。

手術時に内出血を起こしたり、患部が腫れたりする可能性があることを覚えておきましょう。

例えば、ヒアルロン酸豊胸は、麻酔をしないと痛みが強いと言われている手術です。

手術で痛みに耐えたとしても効果が持続するのは3ヶ月程度となっています。

一方、脂肪再生豊胸は、麻酔クリームと笑気ガスで手術を行えるので、身体にかける負担が少ないのが特徴です。

痛みに不安を感じている方は、身体への負担が少ない施術を選びましょう。

胸が冷たい

手術方法によっては、豊胸した胸が冷たく感じることがあります。

シリコンバックを挿入した場合、外気によってバッグが冷えることで、胸全体が冷たくなってしまうためです。

特に豊胸手術によって大幅にサイズを大きくした人は、より冷たさを感じやすくなるため、注意してください。

施術を受けた人の中には、不自然な冷たさをパートナーから指摘されたという人も見受けられます。

左右に差が生じる

豊胸手術を受けることで、左右のサイズに差が生じることがあります。

バストのサイズ、トップの位置、アンダーバストが左右で異なると、違和感を与えてしまいます。

手術直後は問題がないとしても、挿入したシリコンバックがカプセル拘縮や破損を起こすことがあるので注意が必要です。

また、このような失敗が発生した際に、クリニックがどのようなサポートをしてくれるかあらかじめ確認しておきましょう。

サポートが手厚いクリニックを選んでおくことで、いざというときにスピーディーな対応をしてもらうことができます。

豊胸の失敗を防ぐ方法を知りたい方は「豊胸の失敗事例とリスクまとめ!失敗を防ぐためにできることはある?」をご覧ください。

胸の整形で失敗しないためのポイント

豊胸手術で失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、胸の整形で失敗しないためのポイントを解説します。

各施術の特徴を理解する

施術方法によって、メリット・デメリット、施術時間、懸念点・リスクが大きく異なります。

施術方法の特徴をしっかりと把握した上で、自分にとって最適な施術方法を選択することが大切です。

また、施術内容によって持続期間、サイズアップできる度合い、仕上がりが異なるため、理想のバストを実現できるかをポイントにして判断しましょう。

インターネットで情報を検索する際は、複数のサイトを比較して、信頼できる情報を探すことが大切です。

最適なクリニックを選ぶ

豊胸手術においてクリニック選びも重要なポイントです。

クリニックによって得意としている施術や、サポート体制、料金、担当医の実力が異なります。

実績や顧客満足度を確認することも大切ですが、ホームページに掲載してある情報だけでなく、口コミサイトや比較サイトにも目を通しながら、情報を集めるようにしましょう。

クリニックによってはポジティブな側面のみを掲載している可能性があるためです。

また、クリニックを選定する際は、信頼できる担当医がいるかどうか確認してください。

これまでにどのような手術を手がけてきたのか、何人くらいの施術を担当してきたのかなど、担当医のスキルを見極めることが重要です。

心配事をカウンセリングで相談する

心配事や悩みがある場合は、事前にカウンセリングで相談するようにしましょう。

心配事や悩みを抱えた状態で手術を受けて後悔したなどの事態を避ける必要があります。

カウンセリングは誰が実施しているかも、クリニックを選定する際の着目ポイントです。

看護師やカウンセラーがカウンセリングを担当しているところが多いですが、担当医が直接希望を聞いてくれるクリニックをおすすめします。

お互いの意思に相違がない状態で、手術に挑むようにしましょう。

おすすめの豊胸手術とは

胸の整形を考えている方の中には、どの方法が自分にとって最適か分からないという方も多く存在します。

身体に負担をかけずに自然な仕上がりを目指したい方には、「脂肪再生豊胸」がおすすめです。

脂肪再生豊胸では、脂肪再生豊胸溶液をバストの脂肪組織に注入します。

脂肪組織の自己再生能力を活性化させることで、脂肪細胞を増殖させる仕組みです。

クリニックビューティー恵比寿が特許を取得している施術方法で、安全性に定評があります。

傷跡が小さく目立ちにくい、痛みが少ないなどのメリットがあるので、胸の整形に対して不安を感じている方は、詳細を以下のURLで確認してみてください。

ホームページ:クリニックビューティー恵比寿

まとめ

今回の記事では、胸を整形しようか迷っている方に向けて、胸を整形する前に知っておきたい基本事項について解説しました。

現在はメスを使用せずに気軽に受けられる豊胸手術が多く存在しますが、自身の身体に関わることなので、豊胸手術について理解を深めることが大切です。

手術を受けた人の中には、効果が持続しない、触り心地に違和感がある、理想のサイズにならないなどの失敗を経験した人も存在します。

胸の整形で失敗しないためには、自分にとって最適な施術方法を選択し、サポート力のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~