COLUMNコラム

豊胸手術のモニター制度とは? メリットやデメリットを解説

未分類

「豊胸手術のモニター制度は費用が安くなるって本当?」「豊胸のモニターは何をしなくてはいけないの?」など、豊胸手術のモニター制度に興味のある方も多いのではないでしょうか?

豊胸手術のモニター制度とは、手術前後の写真やレビューなどをクリニックに提供することで、費用を抑えて手術を受けられる制度のことです。

しかし、「安く施術を受けられる」という理由だけでモニター制度を利用しては後悔する可能性があるため、デメリットについても理解しておく必要があります。

そこで今回の記事では、豊胸手術のモニター制度におけるメリットとデメリットについて解説します。

この記事を読むことで、豊胸手術のモニター制度を利用するべきかどうかを判断できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

豊胸手術のモニター制度とは?

豊胸手術のモニター制度とは、手術前後の写真やレビューなどをクリニックに提供することで、費用を抑えて手術を受けられる制度のことです。

モニター制度の内容は手術の種類やクリニックによって異なり、どれくらい費用が安くなるかについてもクリニックによってさまざまです。

豊胸手術のモニター制度を利用する場合は、「費用を抑えられる」という理由で受けるのではなく、どのような契約内容であるかを理解しておく必要があります。

例えば、写真撮影は顔出しなのか、全身なのかなど、詳細を確認することが大切です。

以下で豊胸手術のモニター制度におけるメリットとデメリットを確認していきましょう。

豊胸手術のモニター制度を利用するメリット

豊胸手術のモニター制度を利用することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか?

ここでは、モニター制度のメリットを紹介します。

コストを抑えられる

豊胸手術のモニター制度を利用する最大のメリットは、コストを抑えられる点です。

写真・動画や手術のレビューなどを提供する代わりに、通常より安い費用で手術を受けられます。

モニター制度とはいえ、通常の手術と変わらないサービスを受けられるため、豊胸手術を受けたいものの、手術費用を用意するのが難しいという方に人気の制度です。

手術費用の割引率はクリニックによって大きく異なり、モニターの内容によっても変わってきます。

豊胸手術のモニター制度を利用するデメリット

ここまで豊胸手術のモニター制度を利用するメリットについて紹介しました。

一方でデメリットには何が挙げられるでしょうか?

ここでは、豊胸手術のモニター制度を利用するデメリットを紹介します。

感想ムービーや画像を提供する必要がある

豊胸手術のモニター制度を利用するデメリットとして、感想ムービーや画像を提供する必要がある点が挙げられるでしょう。

そこまで気にしないという方にとっては問題ありませんが、自分の施術部分がインターネットや資料等に掲載されることに対して抵抗を覚える方も多く存在します。

また、顔出しや全身を含む撮影の場合、抵抗度が増す傾向にあります。

モニター制度によって、提供するものが異なりますので、事前にしっかりと説明を受けて、納得した状態で手術を受けることが大切です。

審査がある

モニター制度に関わらず、豊胸手術全般に言えることですが、審査がある点が懸念されるでしょう。

必ずしも全ての人が豊胸手術を受けられる訳ではありません。

アレルギーや体型、健康状態などによっては施術を断られるケースがあります。

例えば、脂肪注入豊胸はバスト以外の場所から脂肪を吸収する必要があるため、痩せ型の人には向いていません。

このように手術によっても条件が変わるので、まずはカウンセリングで相談することが大切です。

豊胸手術のモニターを受ける流れ

ここでは、豊胸手術のモニター制度を利用する流れを紹介します。

ホームページでモニター制度を見つける

まず、インターネットなどを利用して、モニター制度を実施しているクリニックのホームページを確認するところから始めましょう。

地域や豊胸手術の種類、割引率などを比較して、自分にとって最適なものを選びます。

割引率だけに着目するのではなく、それぞれの手術の特徴を把握することが大切です。

例えば、シリコンバック挿入豊胸手術は大幅なバストアップを目指せるものの、仕上がりが不自然になるデメリットがあります。

一方、脂肪注入豊胸手術は自然な仕上がりを目指せますが、脂肪を他の場所から吸引する必要があるなどの懸念もあります。

自分にとって最適な手術を選びましょう。

応募要件を確認する

納得のいく内容のモニター制度を見つけられたら、続いては応募要件を確認します。

どれくらい費用が安くなるのか、手術前・後に何をする必要があるのかなど、詳細を確認することが重要です。

応募要件を確認しない状態で応募してしまうと、採用されない可能性があるだけでなく、カウンセリングで初めて知るなど、手間と時間がかかってしまいます。

ホームページに「手術前後の写真撮影」など、応募要件について記載されていますので、確認してみましょう。

カウンセリングを受ける

応募要件を確認した後は、ホームページのフォームやメール、電話などで申し込みを行いましょう。

申し込み時にカウンセリング日程を決めて、当日になったらクリニックに向かいます。

カウンセリングはバストの希望だけでなく、不安や疑問を解消できる絶好の機会です。

豊胸手術に関して何か不安を感じている方は、必ずカウンセリングで解消してから手術を受けるようにしましょう。

納得していない状態で手術を受けてしまうと、後から後悔することが出てきます。

なお、モニターの内容についても再度説明を受けましょう。

手術を受ける

カウンセリングが終了したら、いよいよ手術にうつります。

カウンセリング当日に手術を行っているクリニックもありますし、別日に再度クリニックを訪問することもあります。

前日にアルコールや運動を控える、十分に睡眠時間を確保するなどの注意点を守り、万全な状態で手術に挑むようにしましょう。

手術後はダウンタイムの有無やバストの状態により、入院があるかどうかが決まります。

カウンセリングの時点で手術前後の対応について確認しておくことが大切です。

写真撮影・レビューなどを行う

モニター制度を利用する豊胸手術の場合、手術を受けたら終了ではありません。

手術後に写真や動画を撮影したり、レビューを行ったりします。

モニター制度の内容によっても変わりますが、写真撮影などにそこまで多くの時間を費やさないので、指示に従って撮影・レビュー等を完了させましょう。

ちなみに、モニター制度の中には、1週間後、1ヶ月後の経過を写真撮影するところもありますので、指示に従ってください。

豊胸手術のモニターを受ける際の注意点

豊胸手術のモニター制度を利用する際は、どのようなポイントに注意しなくてはいけないのでしょうか?

ここでは、豊胸手術のモニターを受ける際の注意点を紹介します。

安全性の高いクリニックを選ぶ

豊胸手術のモニター制度を利用する際は、安全性の高いクリニックを選ぶことが大切です。

これはモニター制度を利用する、しないに関わらず重要なポイントになります。

豊胸手術は身体に関わる重要なことです。

手術のリスクは何かなど、手術を受ける前にしっかりと確認する必要があります。

クリニックの安全性の高さを確認するには、クリニックのホームページを確認したり、口コミサイトを確認したりすることをおすすめします。

手術の方法を慎重に検討する

豊胸手術のモニター制度を利用する場合でも、手術の方法を慎重に検討しましょう。

いくらモニター制度で費用を抑えられるといっても、費用だけで手術の方法を選択するべきではありません。

手術によって特徴やメリット、デメリットは大きく異なります。

例えば、シリコンバック挿入豊胸手術は、バストアップを目指しやすいですが、シリコンバックに寿命があるなどのデメリットもあります。

また、脂肪再生豊胸の場合は豊胸手術自体はメリットが多いのに金額が高くて中々手が出せないという人にはモニター制度がおすすめです。

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自分にとって最適な手術を選ぶことが重要です。

個人情報の扱いを確認する

豊胸手術のモニター制度を利用する際は、個人情報の扱いを確認しましょう。

提供する情報はバストの写真だけなのか、顔も含まれるのかなど、応募要件を確認することが大切です。

また、提供した情報はインターネットで公開されるのか、クリニック内の資料で使われるのかなど、詳細も確認する必要があります。

疑問がある方は、カウンセリング時点で解消することをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、豊胸手術のモニター制度に興味がある方に向けて、豊胸手術の基本的な知識について解説しました。

豊胸手術のモニター制度とは、手術前後に写真や動画などの資料を提供する代わりに、費用を安く受けられる制度のことです。

豊胸手術のモニター制度を利用する際は、しっかりと応募要件を確認して、内容に納得した状態で手術を受ける必要があります。

また、モニター制度を利用する、しないに関わらず、安全性の高いクリニックを選び、個人情報の扱いを十分に確認することが大切です。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~