COLUMNコラム

切らない豊胸のメリットとは?脂肪再生豊胸について徹底解説!

未分類

「豊胸手術には興味があるものの、傷跡が残るのが気になる」という方から注目を集めている切らない豊胸手術。

現在は、メスを使用せずにバストアップを実現する脂肪再生豊胸やレーザー照射、ヒアルロン酸注入など、様々な手術の方法を選べるようになりました。

今回の記事では、切らない豊胸の「脂肪再生豊胸」について徹底解説します。

この記事を読むことで脂肪再生豊胸は自分に合った施術方法であるか判断できるようになります。

切らない豊胸手術をする前の注意点や、切らない豊胸が向いている人の特徴についても説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

切らない豊胸とは?

切らない豊胸とは、メスを使用しない豊胸手術のことです。

メスを使用しないので、傷跡が残りにくい点が特徴に挙げられます。

切らない豊胸にはどのような種類があるのでしょうか。

ここでは、切らない豊胸の種類を紹介します。

脂肪再生豊胸

脂肪再生豊胸とは、脂肪再生豊胸溶液をバストの脂肪組織に注入して、脂肪組織の自己再生能力を活性化する手術です。

クリニックビューティー恵比寿が特許を取得しています。

成分をバストに注入する際は、メスを使用しないので傷跡が残りません。

また、身体にかかる負担が少なく、手術には局部麻酔を必要としないのも特徴です。

さらに、発癌のリスクがない、副作用がないなど、安全性にも定評があり、信頼できる豊胸手術を選びたいという方から注目を集めています。

施術内容の詳細に関しては、以下のURLを参考にしてみてください。

ホームページ:クリニックビューティー恵比寿

レーザー照射豊胸

レーザー照射豊胸とは、特殊なレーザーによってバストアップを実現する施術です。

レーザーをバストに照射して血液やリンパの流れを促進します。

血液やリンパの流れが良好になることで、脂肪細胞の栄養吸収力が高まり、バストの成長を期待できるのです。

さらに、バストの組織液浸透圧を低下させてサイズアップを実現します。

メスを使用しない手術であるため、身体に負担がかかりません。

ヒアルロン酸注入豊胸

ヒアルロン酸注入とは、ヒアルロン酸をバストに注入することでボリュームアップを目指す施術です。

ヒアルロン酸注入には、「非架橋のヒアルロン酸」と「架橋のヒアルロン酸」の2種類があります。

非架橋のヒアルロン酸は、アレルギーや炎症のリスクはないですが、持続性が低く、素人が見ると癌にみられることがあるため、海外では禁止されている方法です。

また、架橋のヒアルロン酸は化学材料が入っているので、アレルギーや炎症を引き起こすリスクを伴います。

気軽に手術を受けられるメリットがあるものの、効果が持続するのは3ヶ月程度となっています。

脂肪注入豊胸

脂肪注入とは、自分の身体の他の部分から脂肪を吸収してバストに注入する施術方法です。

バストアップと同時に脂肪を吸収できるので、ダイエット効果も期待できます。

一般的に太ももやお腹周りから脂肪を吸収し、遠心分離機にかけた脂肪を注射器で注入する流れです。

ただし、痩せ型の方など、注入できる脂肪に限りがある場合はおすすめできません。

また、しこりや石灰化を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

傷跡が残ってしまう豊胸手術については「豊胸で傷跡が残る?どこにできる?消す方法や残さない方法」をご覧ください。

切らない豊胸「脂肪再生豊胸」の特徴

切らない豊胸には様々な種類がありますが、ここでは、脂肪再生豊胸の特徴を解説します。

傷跡が残らない

切らない豊胸の最大のメリットの一つとして、傷跡が残らない点が挙げられるでしょう。

手術方法によっては数センチ程度の傷跡が残る可能性があり、豊胸がバレてしまうことがあります。

例えば、シリコンバッグ豊胸の場合、脇の下の皮膚を切開してシリコンバックを挿入するので、傷跡が残ります。

そのため、傷跡を残したくない方は脂肪再生豊胸などの切らない豊胸手術を選ぶこと
が大切です。

脂肪再生豊胸では、注射器を使用して体内に脂肪再生豊胸溶液を注入するので、傷跡が残ることがありません。

たるみを改善できる

脂肪再生豊胸は、バストアップだけでなく、胸のたるみを改善できる豊胸です。

脂肪組織の自己再生能力を活性化するため、ハリのある美しいバストラインを実現できます。

クーパー靭帯の伸びや加齢、ホルモンバランスなど、胸が下垂する原因は様々です。

特に年齢を重ねると胸のたるみが目立つようになります。

脂肪再生豊胸では、理想的なバストラインを手に入れることができます。

ダウンタイムがほとんどない

豊胸手術によっては身体に負担がかかり、ダウンタイムがあることがあります。

しかし、個人差はあるものの、脂肪再生豊胸ではダウンタイムはほとんど生じません

注射器による手術であるため、施術時間は10分程度となっており、身体に負担がかからず、麻酔クリームと笑気ガスのみで手術を完了させることができます。

ただし、バストが安定するまでの1ヶ月程度は過度な運動やトレーニングを避ける必要があるので注意してください。

豊胸がバレにくい

豊胸手術を施した胸は、形が不自然であったり、触り心地が硬かったりなどが要因でバレてしまうことがあります。

一方、脂肪再生豊胸は豊胸がバレにくい施術です。

例えば、シリコンバック豊胸の場合、仰向けになったときに胸が横に流れずに違和感を与えることがあります。

しかし、脂肪再生豊胸は脂肪を増殖させる手法なので、自然な仕上がりを目指せます。

そのため、豊胸が周りにバレたくないという方におすすめの手術です。

持続性が高い

脂肪再生豊胸のメリットとして、持続性が高い点が挙げられるでしょう。

豊胸手術によっては持続性がなく、数ヶ月程度で効果がきれてしまうことがあります。

例えば、気軽に挑戦できることで有名なヒアルロン酸豊胸の場合、3ヶ月程度したら吸収されてしまいます。

脂肪再生豊胸は、大幅に体重が減少する、手術後に激しい運動を行うなどの行為をしない限り、長期間の効果を期待できる豊胸手術です。

切らない豊胸が向いている人の特徴

切らない豊胸が向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 脂肪注入豊胸やアクアフィリング・ヒアルロン酸豊胸で効果がきれてしまった方
  • 授乳の影響でバストにハリがなくなった方
  • 自然な仕上がりを希望する方
  • メスを使用したくない、皮膚を切りたくない方
  • 長期間効果を持続させたい方
  • 脂肪吸収できるほどの脂肪がない方
  • 左右で大きさや形に差がある方
  • ダウンタイムなど身体への負担が気になる方
  • 安全性を重視している方

脂肪再生豊胸はメスを使用しないだけでなく、安全性の高い手術です。

そのため、安全性を重視している方に向いています。

豊胸で後悔するケースを知りたい方は「脂肪注入の豊胸は後悔しやすい?失敗を予防するためにできること」をご覧ください。

切らない豊胸手術をする前の注意点

切らない豊胸手術を実施する前に、押さえておきたいポイントを解説します。

施術内容を確認する

切らない豊胸手術にも様々な種類があるので、必ず施術内容を確認しましょう。

施術内容によって特徴やメリット・デメリットが大きく異なるためです。

自分の希望通りのバストを実現できるのか、どのようなリスクがあるかなど、手術を行う前に知っておきたいことは多数存在します。

クリニックのホームページ等を確認して、施術内容について理解を深めましょう。

不安点をカウンセリングで相談する

不明点や悩み、不安をカウンセリングで相談するようにしましょう。

特に、切らない豊胸を希望する方の中には、痛みを懸念される人が多く存在します。

手術中の痛みだけでなく、手術後の痛み、痛みが生じたときの対応方法など、しっかりと確認しておくことが大切です。

他にも、手術後に避けるべき行為や副作用、バストにみられる変化など、気になる点がある方は疑問を解消するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、切らない豊胸手術について興味がある方に向けて、切らない豊胸の種類や脂肪再生豊胸の特徴について解説しました。

豊胸手術によっても異なりますが、切らない豊胸は、基本的に傷跡を残さず、身体にかかる負担を軽減させることができます。

傷跡によって豊胸したことがバレたくない方や、手術の痛みを最小限にしたい方は、切らない豊胸を選択しましょう。

特に脂肪再生豊胸は、自分の体内から摂取した成分によって脂肪を増加させる手術です。

ダウンタイムがほとんどなく、メスを使用しない豊胸なので、痛みや身体への負担が気になる方は詳細を確認してみてください。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~