COLUMNコラム

豊胸の失敗事例とリスクまとめ!失敗を防ぐためにできることは?

未分類

「豊胸に興味があるけれど勇気が出ない」「豊胸手術の失敗が心配」という理由から、豊胸手術に興味はあるけれど、一歩踏み出せないという方は多いです。

その他の美容手術と同じように、豊胸手術にも失敗してしまう事例やリスクがあります。

まずは、豊胸手術が失敗してしまう原因を理解することや、自分でできるリスクを最小限に抑える方法を知っておくことが重要です。

豊胸手術の代表的な失敗例とその原因

代表的な豊胸手術の失敗例にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、代表的な豊胸手術の失敗例とその原因をまとめました。

様々な豊胸手術があり、手術の方法により失敗例やリスクは異なります。

シリコンバックやヒアルロン酸、脂肪注入豊胸どれでもトラブルが起きる可能性があります。

まずはそうした豊胸術で起こりやすいトラブルについて見てみましょう。

左右の胸が不揃いになってしまう

左右の胸が不揃いなサイズや形になる・乳頭の位置が違ってしまうトラブルです。

その原因には、シリコンバッグの破損や経年劣化などがありますが、出産・授乳など術後の生活によって発生することも考えられます。

また、人間の胸はもとから左右非対称なので、豊胸手術によってその差が目立ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、その左右差を直してくれるクリニックもあるので、万が一左右の胸の差が気になる場合は、左右差を直してくれるクリニックに行くと良いです。

胸にしこりができる

胸にしこりを感じる失敗事例は、脂肪注入で一部の脂肪が壊死してしまった時や、ヒアルロン酸注入でヒアルロン酸が体に吸収されずに残ってしまった時に発生します。
しこりをそのまま放置すると、石灰化やバストの変形につながる恐れがあるでしょう。

また、シリコンバッグを使った豊胸手術でも、一時的ですが、手術中の出血が血腫になってしこりのようになってしまうことがあります。

バストの見た目・触り心地に違和感がある

脂肪注入による豊胸でも、触り心地・見た目が自然になりませんが、ヒアルロン酸注入やシリコンバッグの豊胸は、触り心地に違和感が出てしまう場合があります。

そもそもシリコンバッグヒアルロン酸自体脂肪よりも硬いため、自然な触り心地を再現することが難しいのです。

また、シリコンバッグの破損や経年劣化・ズレなどによって見た目に違和感が出てしまう事例も存在します。

胸に痛みを感じる

豊胸の痛みは、シリコンバッグの被膜拘縮や破損による炎症などが考えられます。

手術の種類によって違いはあるものの豊胸手術後は1週間程度多少の痛みを感じる場合がありますが、病院で説明を受けた期間よりも痛みが長引く・急に痛むようになったのであれば、大きなトラブルを抱えている恐れがあるため、病院に相談しましょう。

豊胸の失敗リスクを防ぐためにできること

その他の美容手術と同じように豊胸手術にも失敗例があり、そのリスクを完全に除去することはできません。

しかし、自分の行動次第で、豊胸手術のリスクを最小限に抑えることはできる場合もあります。

ここからは、豊胸手術で考えられるリスクを抑えるための方法を説明しましょう。

信頼できる病院を選ぶ

先ほど紹介した豊胸手術の失敗事例の多くは、手術時の対応・技術不足で発生する可能性があるものです。

そのため、信頼できる病院を探すことが、豊胸手術のリスクを最小限に抑える方法だと言えるでしょう。

ここからは、豊胸手術の病院選びのポイントを紹介します。

丁寧なカウンセリングがある

豊胸手術には、丁寧なカウンセリングが欠かせません。

自分の理想のバストの形・大きさが医師に伝わらなければ、バストが大きくなったとしても、希望のスタイルには仕上がらないでしょう。

豊胸手術は高額な費用が必要なので、予算面の相談もしなくてはいけません。

また、豊胸手術にリスクが存在するのは事実であり、そのリスクを伝えずに良い点ばかりをアピールする病院は警戒した方が良いです。

起こり得るリスク・痛みの説明があり、相談者が抱えている不安を解消してくれるカウンセリングが用意された病院を選ぶべきでしょう

中には、手術件数を増やすことばかりに注視しているような病院もあるため、注意が必要です。

また、カウンセリングも誰が行っているのかが重要で、カウンセラーが行っている場合は気を付ける必要があります

重要事項説明がある

重要事項説明があるかということも、大切なポイントです。

もし、重要事項説明を受けずに治療を進めていってしまった場合、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

リスクを十分に理解したうえで、手術を受けるようにしましょう

分かりやすい料金設定がある

豊胸手術には多くの費用が必要ですが、その費用が明確でない病院があります。

そのため、豊胸手術の費用は必ずトータルコストを確認するようにしましょう

また、標準よりも安い費用設定がされている病院には「価格を下げている理由」があるはずです。

例えば、広告費用を抑えているなどです。

その理由が自分で納得できるものかどうかを確認し、安さだけで豊胸手術の病院選びを行わないようにしましょう。

術前のカウンセリングと施術同意書で施術の成功率が違う

脂肪注入の病院・クリニックでは、カウセリングの時に、医師、カウンセラーが必ず、患者様の希望通りにバストアップできると説明しますが、実際の施術同意書には、“豊胸効果がない場合があります”と書かれていることが多いので、カウセリングの時には、そのところを録音しておくのがよいでしょう。

録音できない場合は、その旨を医師に書面にしてもらうのがよいでしょう。

書面、録音に応じてもらえない場合は、施術を受けず、他の病院・クリニックを受診しましょう。

また、カウンセリング時に希望の豊胸効果を約束されていたが、施術当日の施術同意書には、“豊胸効果がない場合があります”と書かれていることがあります。

その際は施術をキャンセルしても、キャンセル料は請求できないはずです。

流されず、勇気をもって手術に同意しないことが重要です。

豊胸の実績が多い

豊胸手術を行っている病院でも、その他の美容手術の方がメインとなっており、豊胸手術の実績は極端に少ない場合があります。

やはり、実績数が少ない医師に豊胸手術を任せることは大きなリスクであると言えるでしょう。

複数の豊胸手術に対応している病院であれば、豊胸手術全体ではなく、自分が希望する手術の実績を確認する必要があります

TRIBEAUの口コミは、施術数を推測するときの一助になります。

TRIBEAUの日記や、口コミが少ない病院・クリニックは施術数が少ない可能性があります。

また同時に、豊胸手術後のトラブル対応技術がある病院かどうかも調べましょう。

万が一何らかの問題が発生した時には、手術を受けた病院で対応してもらうのが一番スムーズであるためです。

口コミを確認する

現在ではインターネットを使えば、簡単に多くの口コミが確認できます。

病院のホームページに口コミ表示がある場合は医療広告ガイドライン違反です

なぜなら、病院により良い口コミのみが選ばれていることが多いためです。

ただしインターネットでは、実際には手術を受けていない「偽物の口コミ」も混ざっている可能性を考え、一つ一つの口コミよりも口コミ全体から受けた印象を重視しましょう。

また、Googleの評価の悪い口コミも見ましょう。

具体的に施術に関すること、カウンセリングに関すること、施術の成功率に関することは読んでおき、カウセリング時に、その真偽を確かめてください。

TRIBEAUの口コミは、施術数を推測するときの一助になります。

TRIBEAUの日記や、口コミが少ない病院・クリニックは施術数が少ない可能性があります。

アフターケアがある

アフターケアは豊胸手術の成功を左右するほど重要であり、豊胸手術のリスクを最小限にするにも欠かせない存在です。

具体的なアフターケアには、定期検診マッサージ指導内服薬の処方など患者の体に必要なケアが含まれます。

アフターケアがあれば、術後にトラブルが発生してしまった場合にも、すぐに相談できますし、自分が気づかないような問題もプロの目で確認してもらえます。

アフターケアに関しては、有料のものと無料のものがあるため、どこまでが有料でどこまでが無料かを知っておく必要があります。

失敗リスクの少ない豊胸術を選ぶ

豊胸手術のリスクを無くすことは不可能ですが、失敗リスクの少ない豊胸術を選択するという手段もあります。

次世代の豊胸術である脂肪再生豊胸であれば、最小限のリスクで理想のバストが手に入るのでしょう。

脂肪再生豊胸とは

最後に、脂肪再生豊胸について説明したいと思います。

脂肪再生豊胸では脂肪再生豊胸溶液を胸の脂肪細胞に注入し、脂肪細胞を増殖させてバストをサイズアップします

今までの脂肪注入豊胸では、患者の脂肪細胞を取り出して加工し、体内に戻すという作業が必要であり、加工方法によっては注入後に脂肪の一部が壊死して、しこりになってしまうなどのトラブルにつながる恐れがありましたが、脂肪再生豊胸ではそのような問題は発生しません。

また、手術は注入のみで完了するため、患者への負担も少なく10分程度で終わります

注入された脂肪再生豊胸溶液は1週間前後で体に吸収または排出されるので、経年劣化の心配も不要です。

術後に体内に残るのは増やされた自分自身の脂肪なので、マンモグラフィーやレントゲンなどで気づかれることもなく、触り心地もナチュラルな仕上がりになります。

まとめ

その他の美容手術と同じように、豊胸手術にもリスクがあり、そのリスクを理解した上で手術を受けるかどうかを決めなくてはいけません。

しかし、ほとんどの失敗は信頼できる病院選びによって予防できます。

しっかりとしたカウンセリング・手術後の対応が用意された安心の病院を探し、理想のバストを手に入れましょう。

リスクが少ない豊胸手術で言うと、脂肪再生豊胸はおすすめです。

メスも入れず人工物も入れないため、安全性が高いことが特徴です。

一般的な副反応をおさえることができると想定できます。

脂肪再生豊胸は、クリニックビューティー恵比寿が特許を取得している術式であるため、気になる方はクリニックビューティー恵比寿への相談をおすすめします。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~