COLUMNコラム

豊胸はやめたほうがいい?豊胸手術のネガティブな情報のまとめ

未分類

豊胸手術をすれば、自分の理想のバストを手に入れることができます。

しかし、インターネットでは「豊胸手術はやめた方がいい」などのネガティブな意見が目立ち、不安に思う方が多いようです。

美容系の手術にはメリット・デメリットが存在するものですが、豊胸手術の悪い評判にはどのようなものがあるのでしょうか?
豊胸手術を考えているのなら、複数のネガティブな意見の確認をした上で、手術を受けるかどうかを決めましょう。

豊胸手術にネガティブな意見が多い理由

豊胸手術にはいくつかのデメリットがありますが、デメリットはどのような美容手術にもあります。

しかし、そのデメリットだけを見て「豊胸はやめた方がいい」という意見が出ているようです。

デメリットを許容できるかどうかは、人によって変わりますので、自分の考える豊胸手術のメリット・デメリットを天秤にかけてみましょう。

ここでは、豊胸手術の代表的なデメリットを紹介します。

失敗することがある

豊胸手術を成功させるためには、高い技術・多くの経験が必要です。

技術不足の医師による豊胸手術は、失敗につながる恐れがあるでしょう。

豊胸手術の失敗例は下記のようなものがあります。

失敗例

・しこりができてしまう

・しこりが石灰化・瘢痕化してしまう

・胸の形に違和感がある

・左右の胸のサイズや乳頭の位置に差がある

・すぐに元のサイズに戻ってしまった

・胸の触り心地に違和感がある

・思っていたよりバストアップしなかった

・痛みを感じる

豊胸手術を失敗させないためには、十分な実績のある病院で、信頼できる医師に手術を任せられるようにしましょう。

また、万全のカウンセリング・手術後の確認をしっかり行ってもらえるかの確認も必要です。

また、カウンセリングの場合は、誰が行っているのかも重要です。

カウンセラーが行っている場合は、注意しましょう。

もし失敗が起こってしまった場合や想定どおりの結果にならなかった場合もどのような対応をしてもらえるのかもチェックの必要があります。

金額的な負担が大きい

豊胸手術にはシリコンバッグ豊胸・ヒアルロン酸豊胸・脂肪注入豊胸・脂肪再生豊胸などの種類があります。

手術方法や希望するバストの形・サイズなどによって費用は変わりますが、一度の手術で50万円以上はかかるでしょう。

費用的な負担が大きく、誰もが気軽に受けられる価格帯ではありません。

しかし、平均的な価格よりも安い値段で豊胸手術を行っている病院は、費用を下げるために技術・素材・加工方法などをコストカットしている恐れもあるため、安ければ良いと考えるのは危険です。

費用面の確認をする際には、他の病院との比較・費用に含まれる内容までをよく確認する必要があるでしょう。

豊胸手術には寿命がある

残念ながら豊胸手術後のバストを一生維持することは難しく、多くの豊胸手術には寿命が存在します。

特に、寿命の短い豊胸手術はヒアルロン酸豊胸で、数ヶ月〜2年程度で元の胸の大きさに戻ってしまうのです。

シリコンバッグ豊胸はシリコンバッグ自体の寿命が10年程度であるため、定期的なシリコンバッグの交換が必要です。

脂肪注入豊胸は定着した脂肪は自分の体の一部になりますが、その定着率は30%〜90%と言われているため、定着率次第では時間の経過とともに胸が小さくなってしまうでしょう。

豊胸手術の寿命が訪れた時には、再度手術を行うのかを決めなくてはいけません。

長期的に理想のバストを維持したいと考えているのなら、定期的なメンテナンス手術が必要になるでしょう。

ただし、脂肪再生豊胸には基本的に寿命がないため、何年たっても理想のバストサイズでいることができます。

今後バストを小さくする予定がある、という理由がなければ脂肪再生豊胸を選んでおくと安心です。

自然な見た目・触り心地にならない

豊胸手術を受ける前は「とにかくバストアップしたい」「芸能人の〇〇のような胸になりたい」と考える方が多いですが、理想のバストが自分の体にぴったりかどうかは分かりません。

豊胸手術後に「思っていたものと違った」「思っていたよりも自分に似合わなかった」と感じてしまうこともあるでしょう。

また、脂肪再生豊胸と脂肪注入豊胸以外の豊胸手術は、どうしても素材の柔らかさに胸の触り心地が左右されてしまうため、硬さが目立ちやすいです。

自然な見た目・触り心地にこだわるのなら、脂肪再生豊胸脂肪注入豊胸を選ぶようにしましょう。

特に脂肪再生豊胸は、豊胸が最もバレにくい方法として人気を集めています。

思っているほどバストアップしない

豊胸手術は手術の種類によってバストアップ可能なサイズが変わります。

具体的には、ヒアルロン酸豊胸や脂肪注入豊胸は1〜2カップアップまでが目安となっており「とにかく胸を大きくしたい」と考えている方にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。

胸の大きさに拘りたいのであれば、脂肪再生豊胸かシリコンバッグ豊胸を選ぶと良いでしょう。

手術後に長期的な痛みを感じる

手術中に何らかの問題が発生したなどの原因で、手術後に胸の痛みを感じる方もいます。

胸の痛みにはさまざまな理由が考えられますが、私生活に悪い影響を及ぼしてしまうような痛みに悩まされる事例も存在するのです。

技術力の高い病院を選ぶことも大切ですが、トラブル発生時にどのような対応をしてもらえるのかを事前に確認するようにしましょう。

また、脂肪再生豊胸は傷跡も小さく痛みも少ないため、痛みが心配な方は脂肪再生豊胸を選びましょう。

豊胸手術で得られることは何か?

豊胸手術の代表的なデメリットをお伝えしましたが、豊胸手術にはいくつものメリットもあります。

そのメリットが大きいからこそ、多くの女性が豊胸手術を受けているのです。

ここからは、豊胸手術で得られるメリットについてまとめました。

自分の体に自信が持てるようになる

脂肪を減らすダイエットと違い、胸を大きくするということは、自分の努力ではなかなか実現しにくいです。

胸を大きくする運動・食事・サプリメント・エステなど、さまざまな方法を用いても、思うように胸を大きくさせることができないと感じている方が多いでしょう。

それに比べて豊胸手術では、自分が決めたタイミングで確実に胸を大きくすることができます。

自分のボディラインに自信が持てないまま過ごすよりも、豊胸手術によって前向きな気持ちになることで、人生そのものが大きく変わる可能性があるのです。

胸の老化をカバーできる

胸は女性の年齢が現れやすい部位です。

加齢とともに胸が萎んでしまう・たるんでしまうと、実際の年齢よりも老けて見られることもあるでしょう。

胸の形を整えて美しいボディラインを維持すれば、何歳になっても若々しい姿で過ごせるようになります。

また、シリコンバッグ豊胸やヒアルロン酸豊胸は定期的にメンテナンスが必要なので、メンテナンスのたびに自分の好みの形や大きさにバストを変更できます。

ボディラインの好みは年齢によって変わるものですが、どのようなタイミングでも自分の理想のバストが手に入るということです。

胸の左右差をなくせる

基本的に、胸のサイズは左右で多少の違いがあるものですが、その差が大きい方もいます。

胸の左右差が気になると、ブラジャー選びも難しくなるでしょう。

豊胸手術では、胸の左右差を調整することも可能です。

サイズアップではなくボディラインを整える目的で手術を希望することもできるのです。

本当に豊胸はやめたほうがいいの?

豊胸手術のデメリットとメリットについて紹介しました。

「豊胸手術はやめた方がいい」という意見があるのは事実ですが、豊胸手術によって理想的なバストが手に入れば、自分の体に自信を持って過ごせます。

選べるファッションが増え、毎日鏡の前に立つのが楽しくなるでしょう。

デメリットばかりに注目せず、メリットにも目を向け「自分にとって豊胸手術は必要かどうか」を考えることが必要ですが、その中でも、脂肪再生豊胸はデメリットの少ない方法なのでおすすめです。

この記事で紹介したデメリットも理解した上で、自分の気持ちを優先した判断をするようにしましょう。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~