COLUMNコラム

豊胸手術をしたことは他人にわかるもの?豊胸手術がバレる理由まとめ!

未分類

豊胸手術を受けたい・豊胸手術に興味があるという女性は多いですが、多くの方が「豊胸手術をしたことが他人にわかるのでは?」と不安に感じています。

豊胸手術は胸が小さい・形が悪いなどのコンプレックスを克服するために行うことなので、自分のコンプレックスを他人に知られたくないと思うものです。

しかし実際には、胸の大きい芸能人を見て「あの人豊胸じゃない?」などと口にする人もいます。

豊胸手術をしているかどうかは、どのような場面でバレるのでしょうか?

この記事では豊胸手術がバレるタイミングや理由と、バレる心配のない豊胸手術についてまとめました。

日本人は豊胸手術したことをバレたくないと感じている

日本ではコンプレックスを克服するために行った美容手術であっても、多くの方はそのことを隠したいと考えています

豊胸手術はもちろん、整形手術にも同じことが言えるでしょう。

しかし、欧米を中心に日本以外の国の多くでは、豊胸手術は恥ずかしいこと・隠すべきことではありません。

自己表現の一つとして認められており、「豊胸をした」という事実を公表する有名人も珍しくないのです。

なぜ日本人は豊胸手術にネガティブなイメージを持っているのかを考えると、もともと日本人女性は欧米の方に比べて、バストが大きくなりにくい骨格であるため、大きなバストへの憧れ・嫉妬が入り混じっているのかもしれません。

そのような気持ちの表れから「あの芸能人は豊胸している」「偽物のバスト」のような言い方をする方もいるのです。

豊胸がバレてしまうタイミング・原因とは

ここからは、豊胸手術をしていることが他人にわかってしまうタイミングや原因をお伝えしましょう。

逆に考えると、こちらで紹介するようなことを避ければ、豊胸手術をしたことがバレにくいと言えます。

豊胸手術は手術の種類によって手術方法だけでなく、仕上がり・見た目も大きく変わるため、豊胸がバレにくい豊胸手術の方法を選ぶのも良いです。

胸と胸の間に隙間ができる

シリコンバッグ豊胸手術においての大きな特徴は、胸と胸の間の谷間に隙間ができてしまうことです。

この谷間部分の隙間に関しては、修正してもらえるクリニックで脂肪を注入するなどの、修正手術を受けなければなりません。

見た目からもバレてしまううえに、再度手術代がかかってしまうため、非常に大きなデメリットです。

仰向けに寝て横になった時

シリコンバッグ豊胸手術を受けた時に起こり得る問題ですが、シリコンバッグ豊胸は名前通り固体であるシリコンバッグを胸に挿入する手術なので、シリコンバッグの形が脂肪のように重力によって変わることはありません

つまり、本来仰向けになると胸は脂肪が自然に横に流れて小さくなるものですが、シリコンバッグ豊胸をした胸は立っている時と同じ形状を維持してしまうのです。

大きなシリコンバッグを胸に入れた場合は、その違和感がより強くなるでしょう。

最近では仰向けになってもバレにくいシリコンバッグも開発されていますが、やはり脂肪と同じような動きを期待するのは難しいと言えます。

シリコンバッグ豊胸は、その他の豊胸手術よりもハリのあるバストになり大幅なサイズアップが可能になる反面、このようなデメリットがあるのです。

胸を触られた時

恋人や配偶者以外に胸を触られる機会は少ないですが、友人同士でふざけて胸に触れるようなこともあるでしょう。

特にバストが大きい方ほどそのような経験が多いでしょう。

豊胸手術の中でも触り心地が通常の胸より固くなってしまう手術には、シリコンバッグ豊胸とヒアルロン酸豊胸があります。

シリコンバック豊胸の触り心地が自然なものになりにくいことは、シリコンバッグが固形であることから、多くの方が想像できますが、ヒアルロン酸豊胸は「液体なのだから柔らかいのでは?」と考える方が多いでしょう。

しかし実際には、豊胸手術に使用するヒアルロン酸は顔に注入するような液状のものではなく、粒子が荒い硬めの素材になります。

そのため、脂肪のような柔らかい触り心地を再現することは難しいのです。

また、そもそもヒアルロン酸豊胸の効果を実感できる期間も短いです。

最近ではシリコンバッグ・ヒアルロン酸ともに触り心地にこだわりのある素材も開発されているので、カウンセリングの段階でその触り心地について確認しておくと良いでしょう。

豊胸手術の傷跡が見つかった時

シリコンバッグ豊胸などの豊胸手術では手術の傷跡が残る場合があります

胸付近は通常あまり怪我をすることが少ない箇所なので、傷跡によって豊胸手術がバレてしまうことも考えられるでしょう。

多くの病院では、シリコンバッグ挿入時は傷跡が目立たない脇から行われるものですが、シリコンバッグの種類や大きさによっては脇ではなく乳房の下を切開します。

その場合、より傷跡が目立ちやすいと言えるでしょう。

また、シリコンバッグの寿命は10年程度であるため、シリコンバッグを入れ替える際にはさらに傷跡が目立つ結果になってしまう恐れもあります。

一般的なバストサイズ以上にバストを大きくした場合

やはり、一般的なサイズ以上の胸は目を引きます

特に背が小さい・華奢な体型の方がバストだけが異様に大きくなると、仰向けになったり手術の傷跡を見られたりすることがなくても、豊胸を疑われてしまうでしょう。

理想のバストサイズは人によって違いますが、他人から不自然だと感じられるほど大きいなサイズにすることはお勧めできません。

自分に適したバストサイズについてはカウンセリングの段階で、しっかり相談すると良いでしょう。

突然胸が大きくなった場合

豊胸手術を受けるタイミングは、転職など環境が変わる機会に合わせる方も多いですが、そうでない場合は突然バストサイズが変わることで、周囲の人に気づかれる場合があります。

1カップ程度のバストアップであれば、通常なかなか気付かれにくいものですが、服の上からでも分かるような大幅なサイズアップは、豊胸手術を受けたことがバレるかもしれません。

どうしてもバレずに豊胸手術を行いたいと考えているのなら、大幅なサイズアップは避けるべきでしょう。

豊胸手術がバレるのを避けたい方にお勧めの豊胸手術は脂肪再生豊胸

脂肪再生豊胸では、自分のバストにある脂肪を増やすために、脂肪再生豊胸溶液をバストに注入します。

分の脂肪を活性化させて胸を大きくするので、触り心地・見た目ともに普通の胸と何ら変らない胸に仕上がります

もちろん、この記事で紹介したようなタイミング・原因によって豊胸がバレることはありません。

同様に、自分の脂肪を採取して胸に注入する脂肪注入豊胸も、バレない豊胸手術であると言えます。

ただし、脂肪注入手術は手術箇所が2箇所に及ぶために体への負担が重いこと・注入した脂肪が全て体に定着するわけではないことというデメリットが存在するのです。

誰にもバレず確実に胸をサイズアップしたいと考えているのなら、脂肪再生豊胸を選ぶと良いでしょう。

脂肪再生豊胸についてもっと知りたい方は「バレない豊胸手術はこれ!脂肪を成長させて胸を大きくする脂肪再生豊胸について」をご覧ください。

まとめ

豊胸手術をしたいと考えているけれど「絶対に豊胸手術を受けたことがバレたくない」「豊胸手術を受けたことを人に知られたくない」と考えている方は多いです。

豊胸手術がバレるタイミングを知って、手術後はよく注意する必要があるでしょう。

それでも、手術の種類によっては気付かれてしまう恐れがあります。

どうしても誰にもバレずに豊胸手術を受けたいのであれば、脂肪再生豊胸で自分の脂肪を増やして胸を大きくしましょう。

脂肪再生豊胸であれば「豊胸手術がバレるかも?」という心配を抱く必要はなくなります。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~