picture picture
minimize

COLUMNコラム

豊胸は後悔する人が多い?その理由や後悔しないための対策3選を紹介

豊胸

「豊胸はやめた方がいいって本当?」
「豊胸で後悔しないためにはどうすればいいの?」

と疑問を持っている人はいませんか。

豊胸術は、自分のバストを理想的なサイズ・形に変えるための手段です。

しかし、豊胸のデメリットやリスクについて調べずに手術を受けてしまうと、後悔する可能性があります。

そこで今回の記事では、豊胸術の基本知識をはじめ、豊胸で後悔する理由や後悔しないための対策について解説します。

豊胸術を受けようか検討している方は、本記事を参考にしてください。

豊胸術とは

豊胸術とは、「理想のバストを目指す手術」のことです。

サイズを大きくするほか、バストの形を整えることなどが目的であり、一般的には美容外科や美容クリニックで手術が行われます。

豊胸術にはさまざまな種類があり、個人の目的によって最適な手術は変わってきます。

以下で、豊胸術の種類について詳しく確認していきましょう。

豊胸術の種類

代表的な豊胸術は、以下の通りです。

  • シリコンバッグ豊胸
  • ヒアルロン酸豊胸
  • 脂肪注入豊胸
  • 脂肪再生豊胸

以下の記事では、それぞれのメリットとデメリットをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:主な豊胸手術4種類の特徴・メリット・デメリット・費用まとめ!

豊胸は後悔する人が多い?代表的な口コミを紹介

豊胸で後悔する人は、本当に多いのでしょうか?
実際に手術を受けた人の中で、後悔しているという人の口コミを紹介します。

シリコンバッグ豊胸でバストが不自然になった

シリコンバッグ豊胸の手術を受けてから、もうすぐで1ヶ月が経過しますが、手術するべきではなかったと後悔しています。

大きな理由は、今まで着こなせていた服が上手くフィットしなくなったことです。
バストが強調されることで、太って見えてしまったり、服が綺麗に見えにくくなったりしてしまいます。

バストの触り心地が硬いだけでなく、元々離れ乳なこともあって谷間ができない点も気に入りません。

しばらくして状況が改善されないなら、小さいサイズのシリコンバッグを入れ直したいです。

脂肪注入豊胸でしこりができた

シリコンを取り除いてから、脂肪注入豊胸を3回受けました。

正直に言うと、注入脂肪豊胸を受けて後悔しかありません。
手術後はバストにしこりができてしまいました。

それだけでなく、乳腺造影MRIやマンモグラフィーなど、さまざまな健診を受ける必要があります。

豊胸手術を受けたことで、これから検査を受け続けないといけないと思うと億劫です。

豊胸術ごとの後悔しやすい理由

ここでは、豊胸術ごとに後悔しやすいポイントをまとめました。

シリコンバッグ豊胸

シリコンバッグ豊胸とは、脇の下やアンダーバストを切開し、シリコン製のバッグを挿入する豊胸術のことです。

シリコン製のバッグは大幅なバストアップを目指せることから人気のある豊胸術ですが、デメリットもあります。

例えば、シリコンバッグ豊胸ではナチュラルなバストにならない可能性があります。

人工物をバストに入れるため、触り心地や見た目が不自然になりやすいのです。

さらに、炎症やカプセル拘縮、カプセル破損などの副作用も報告されています。

また、シリコンバッグは経年劣化するため、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

ヒアルロン酸豊胸

ヒアルロン酸豊胸とは、ヒアルロン酸で作られたジェル状の注入物をバストに挿入する豊胸術のことです。

手術は注射のみで完了するため、手軽な豊胸術として知られています。

しかし、ヒアルロン酸豊胸は定着率が低く、体感の持続期間は3ヶ月程度とも言われています。

さらに、時間が経過すると、バストが硬くなったり、しこりができたりする可能性があります。

さらに、海外ではヒアルロン酸豊胸の危険性について議論されており、ヒアルロン酸豊胸の手術が認可されていません。

詳しいヒアルロン酸豊胸のデメリットについては、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:ヒアルロン酸豊胸って硬くなる?起こりうるデメリット

脂肪注入豊胸

脂肪注入豊胸とは、自身の身体から脂肪を吸引し、バストに注入する豊胸術のことです。

脂肪注入豊胸で後悔する理由として、ダウンタイムがある、痩せ型の方は大幅な効果を期待しにくいなどが挙げられます。

自身の脂肪を吸引するため、脂肪が少ない痩せ型の方ではバストアップできるサイズに制限があるためです。

さらに、脂肪注入豊胸は定着率が25%程度であり、半年にかけて元のバストへ戻っていくと言われています。

脂肪注入豊胸で後悔する理由については、以下の記事で詳しくまとめています。

関連記事:脂肪注入の豊胸は後悔しやすい?失敗を予防するためにできること

脂肪再生豊胸

脂肪再生豊胸とは、脂肪再生豊胸溶液をバストに注入することにより、脂肪組織を増殖させてバストアップを図る豊胸術のことです。

脂肪再生豊胸は比較的値段が高く、コスト面を気にする人が一定数存在します。

しかし、コストが高い分、安全性や持続性の高い豊胸術を受けることができます。

実際に約20年以上前から約5,000例以上の施術を行ってきた中で、大きな副作用は一度も報告されていません。

さらに、感染症が発症したケースもありません。

また、定着率も高く、過度なダイエットを行わない限りはバストが元に戻ることはありません。

そのため、安全性や効果の持続性を重視したい人には、脂肪再生豊胸がおすすめです。

>>脂肪再生豊胸の詳細はこちら

豊胸術で後悔しないための対策3選

それでは、豊胸術で後悔しないためにはどうすればいいのでしょうか?

豊胸術の副作用を理解する

豊胸術を受ける前に「どのような副作用のリスクがあるか」という点を理解することが重要です。

豊胸術では、しこりや痛み、痒みなどの副作用が見られることがあります。

ただ、豊胸術によって見られやすい副作用は異なるので注意が必要です。

例えば、シリコンバッグ豊胸では、挿入したシリコンバッグに異常が見られ、手術後に取り出さなければならないケースも見受けられます。

そのため、カウンセリング時に、副作用についてしっかりと確認することをおすすめします。

関連記事:豊胸術に副作用はある?各手術ごとの特徴や副作用を詳しく解説

自分に合う豊胸術を選ぶ

豊胸術で後悔しないためには、自分にとって最適な豊胸術を選ぶ必要があります。

豊胸術の種類によって特徴が大きく異なり、個人の目的によって最適な手術が変わってくるためです。

例えば、長くバストアップ効果を持続させたいという人は、ヒアルロン酸豊胸では効果を実現しづらいでしょう。

一方、シリコンバッグ豊胸ではナチュラルな仕上がりを期待しにくいです。

そのため、自分が何を重視しているかを明確にした上で、手術を選ぶことが大切です。

慎重にクリニックを選ぶ

慎重にクリニックを選ぶことも、豊胸術で後悔しないための方法の一つです。

クリニックによって技術力やサポート内容が異なります。

クリニックの実績や口コミ、過去の症例などを参考にしながら、信頼できるクリニックを見極めましょう。

カウンセリングで直接担当医と話し、信頼できるかどうか判断することも重要です。

クリニックビューティー恵比寿について

クリニックビューティー恵比寿は、安全性の高さで定評を集める「脂肪再生豊胸」を実施しているクリニックです。

脂肪再生豊胸で重要な技術「バストグロウ」は、クリニックビューティー恵比寿の院長が特許を取得しました。

さらに、美容医療業界20年以上の経験豊富な院長が手術を担当しており、カウンセリングも院長が直接行っています。

脂肪再生豊胸に興味がある人は、ぜひ公式サイトからお問合せください。

>>クリニックビューティー恵比寿へのご相談はこちら

まとめ

今回の記事では、豊胸で後悔したくない人に向けて、豊胸で後悔する理由や失敗しないための方法を解説しました。

豊胸を受けたからといって、必ずしも理想のバストが手に入る訳ではなく、バストが定着しない可能性もあります。

豊胸で後悔しないためには、各手術のメリット・デメリットについてしっかりと理解することが大切です。

クリニックビューティー恵比寿は、患者様の不安に寄り添った施術を実施しています。

疑問点や相談したいことがある人は、公式サイトからお問合せください。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

初診希望は先にフォームよりお申し込みください。

~ 診療・カウンセリング予約 ~

~ ご質問はメールのみ受付中 ~