COLUMNコラム

貧乳のコンプレックスは豊胸手術で解消できる?おすすめの手術とは

豊胸

「貧乳のコンプレックスを改善するにはどうすればいい?」
「女性ホルモン注射は効果があるの?」

と疑問をお持ちの人はいますか?

貧乳で悩んでいる人の中には、自分のバストに自信が持てない、温泉やプールに入るのが恥ずかしいと感じている人も多く見受けられます。

しかし、そういったコンプレックスは豊胸手術によって解消することも可能です。

今回の記事では、貧乳の定義や貧乳に関連した悩み・コンプレックス、そのコンプレックスを解消する方法、女性ホルモン注射の豊胸効果、おすすめの豊胸手術について解説します。

貧乳とは?

そもそも貧乳とはどれくらいのサイズのバストのことを指すのでしょうか?

以下で貧乳の定義について確認していきましょう。

何カップから貧乳と言われる?

「貧乳」には明確な定義はありません。

一般的には「Aカップ、もしくはBカップ以下」が貧乳と位置付けられることが多いです。

しかし、形や骨格、アンダーライン、全体のバランスなどによっても、胸にボリュームあるように見えるかは異なるので、カップ数だけで貧乳と判断するのは難しいと言えます。

一般的に以下の項目に当てはまる場合、貧乳と認識されることがあるようです。

  • 手のひらに収まるサイズ
  • 手で寄せても谷間ができない
  • 横から見たシルエットがフラット
  • ブラジャーが上にずれる
  • うつ伏せが簡単にできる

もし上記の条件に当てはまるようであれば、貧乳である可能性があります。

貧乳と微乳の違い

貧乳と似たような言葉に「微乳(びにゅう)」というものがあります。

貧乳には、はっきりとネガティブな意味合いが含まれていますが、微乳は肯定的、否定的のどちらとも言えない曖昧なニュアンスを含む言葉です。

近年は「体型批判(ボディシェイミング)」を疑問視する声が多く見られるようになりました。

例えば、「胸が小さい」「太っている」など、相手の体型を馬鹿にしたり、批判したりする行為のことです。

これは、相手の自尊心を傷つけるだけでなく、コンプレックスを刺激してしまう可能性があります。

こういった背景から、近年は「貧乳」や「微乳」といった否定的な意味合いが含まれる言葉は避けられる傾向にあります。

本記事では、バストのサイズで悩んでいる人に寄り添うために、より一般的に認知されている「貧乳」という言葉を使用しますが、バストの小ささを批判している訳ではないことを留意しておいてください。

貧乳で悩んでいる人は多い?

貧乳をコンプレックスに感じている人は、具体的にどのようなことで悩んでいるのでしょうか?

自信が持てない

貧乳で悩んでいる人の中には、「自信が持てない」と感じている人は少なくありません。

一般的に「バストのサイズは大きい方が良い」といったイメージが蔓延しており、自分のバストが「ビューティスタンダード(美の基準)」に合わないと、自信喪失に繋がってしまう可能性があります。

本来はどのようなサイズのバストでも尊重されるべきですが、雑誌や漫画、広告などには胸の大きい女性のイメージが使用されることが多く、どうしてもコンプレックスに感じてしまう人が多いようです。

逆に胸が大きすぎることをコンプレックスに感じている人も多く、バストに対するイメージは個人の自信や自尊心を左右するほどの影響を与えることがわかります。

温泉やプールに入るのが恥ずかしい

貧乳をコンプレックスに感じている人の悩みとして、「温泉やプールに入るのが恥ずかしい」ということが挙げられます。

普段は衣服でバストの大きさがわかりにくいですが、露出が増える温泉やプールに行くと、胸のサイズが周りにバレてしまうのです。

さらに、他の人とバストの大きさを比べてしまい、コンプレックスが刺激される可能性があります。

中には、「友達に温泉に誘われたが胸を見られたくなくて断った」という経験がある人もいるようです。

着用できる下着が制限される

着用できる下着が制限される点も、貧乳をコンプレックスに感じている人の悩みの一つです。

下着、もしくは洋服、水着などは「Bカップ〜Cカップ」を想定して設計されていることが多く、好きなものを選べないという経験がある人は少なくありません。

他にも、着け心地やデザインよりも、胸を寄せて上げられるものを優先して選ぶ人は多く見受けられます。

洋服が似合わない

胸のサイズが合わず、洋服が似合わないという人も存在します。

先述した通り、洋服や下着などの製品は、平均的な大きさを想定して設計されることが多いです。

そのため、「着たい洋服があっても胸まわりが強調される洋服が着れない」という悩みを抱えてる人は少なくありません。

ボリュームが出やすい下着やパッドを活用して、バストにボリュームを出して対応している人もいるようです。

貧乳のコンプレックスを解消する方法

ここでは、貧乳のコンプレックスを解消する方法を紹介します。

小さいバストならではの魅力を考える

小さいバストならではの魅力を考えることは、貧乳のコンプレックスを解消する方法の一つです。

バストが小さいからこそ楽しめることは数多く存在します。

例えば、タイトな服装が似合う、運動するときに胸の揺れが気にならないなどです。

貧乳をコンプレックスに感じている人は、一度自分のバストの魅力に向き合ってみましょう。

こういった考え方を持つだけでも、コンプレックスの度合いが軽減される可能性があります。

サイズにあったブラジャーを身につける

バストを美しく見せるためには、サイズにあったブラジャーを身につけることが大切です。

具体的には、着け心地が良いブラジャーや、バストトップの位置が上がるブラジャーを選ぶことをおすすめします。

そうすることで、姿勢が良くなり、バストが綺麗に見えやすいです。

バストは年齢や生活習慣などで日々変化していくものです。

定期的にバストサイズを測り直して、適切なブラジャーを着用するようにしましょう。

豊胸手術を検討する

貧乳のコンプレックスを解消したい人は、豊胸手術を検討するのも良いでしょう。

小さいバストにも魅力はあるものの、考え方を変えるだけではコンプレックスを解消できないことがあるのも事実です。

そういったコンプレックスを抱えている人は、豊胸手術によって自信を取り戻せる可能性があります。

豊胸手術は確実性が高く、すぐに効果を実感できます。

しかし、豊胸手術のメリットとデメリットをしっかりと理解した上で手術を受けるかを決めることが重要です。

女性ホルモン注射を打つと胸は大きくなる?

インターネットやSNSなどで「女性ホルモン注射を打つと胸は大きくなる」と紹介されていることがあります。

しかし、女性ホルモン注射によって胸を大きくすることはできません。

主に女性ホルモン注射は更年期障害などに用いられることが多いです。

手術等によってバストアップを目指している人は、女性ホルモン注射以外の方法を検討すると良いでしょう。

おすすめの豊胸手術

ここでは、豊胸手術の種類と、おすすめの豊胸手術「脂肪再生豊胸」について紹介します。

シリコンバッグ豊胸

シリコンバッグ豊胸とは、シリコンバッグを挿入して胸にボリュームを出す手術です。

大幅なバストアップを実現できるため、胸のサイズで悩んでいる人に向いていると言えます。

しかし、シリコンバッグ豊胸では自然なバストを作ることが難しく、見た目や触り心地が不自然になってしまう可能性が高いです。

さらに、シリコンバッグは経年劣化するため、寿命が来る前に取り替える必要があります。

脂肪注入豊胸

脂肪注入豊胸とは、自分の脂肪を太ももやお腹、お尻などから吸引し、バストに移す豊胸術のことです。

シリコンバッグ豊胸とは異なり、脂肪注入豊胸ではナチュラルなバストを目指すことができます。

しかし、脂肪注入豊胸の定着率は25%程度、半年にかけて元に戻っていくと言われています。

さらに、痩せ型の人は吸引できる脂肪の量に制限があり、大幅なバストアップを目指すのは難しいでしょう。

脂肪再生豊胸

脂肪再生豊胸とは、バストの脂肪細胞を活性化させることで、脂肪を増やす豊胸術のことです。

メスを使用しないため、ダウンタイムや痛みの心配もほとんどなく、施術は10分程度で完了します。

また、痩せ型の人にも効果が見込めるという点も特徴です。

さらに、しこりや発がん性もなく、非常に安全性が高いです。

実際に約3,800例以上の施術を行ってきた中で大きな副作用は一度も発生しておらず、感染症を発症した例もありません。

安全性の高い豊胸手術が良いという人は、以下のページで脂肪再生豊胸についての情報を集めてみてください。

>>脂肪再生豊胸の詳細を見る

まとめ

今回の記事では、貧乳の定義や貧乳に関連した悩み・コンプレックス、貧乳のコンプレックスを解消する方法、女性ホルモン注射の豊胸効果、おすすめの豊胸手術について解説しました。

どのようなバストでも尊重されるべきですが、胸のサイズで悩んでしまう人は多く見受けられます。

豊胸はこういったコンプレックスを解消し、人生をより豊かにする手段の一つです。

しかし、豊胸手術の種類によってメリットとデメリットは異なるので、信頼性の高い情報を集めて自分にあった方法でコンプレックス解消を目指しましょう。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

初診希望は先にフォームよりお申し込みください。

~ 診療・カウンセリング予約 ~

~ ご質問はメールのみ受付中 ~