COLUMNコラム

脂肪注入豊胸は痩せ型だと受けられないって本当?注意点を理解しよう

未分類

「脂肪注入豊胸は痩せ型だと受けられないって本当?」「痩せ型におすすめな豊胸手術とは?」

と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

脂肪注入豊胸は自分の脂肪を吸引してバストに移しかえる手術であるため、痩せていると手術を受けられないと考える人が多く存在します。

脂肪注入豊胸は痩せ型だと受けられないのでしょうか?

今回の記事では、脂肪注入豊胸は痩せ型だと受けられないかどうかについて、注意点と一緒に説明していきます。

この記事を読むことで、痩せ型が脂肪注入豊胸を受けるポイントを理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

脂肪注入豊胸は痩せ型だと受けられない?

本当に脂肪注入豊胸は痩せ型だと受けられないのでしょうか?

結論から述べると、痩せ型でも脂肪注入豊胸手術を受けることが可能です。

しかし、痩せ型の方が脂肪注入豊胸手術を受ける場合は、サイズアップに制限があるといった注意点を知っておく必要があります。

このような注意点を踏まえた上で、自分にとって最適な手術を選ぶことが大切です。

それでは、痩せ型とはどれくらいの体型のことを指すのでしょうか?

自身の身体に関わることなので、客観的に確かめてみましょう。

痩せ型か判断する基準

痩せ型かどうかを判断する基準は、厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」によると、肥満や痩せ型の判定にはBMIが用いられるといいます。

BMIとは、「体重(kg) ÷ 身長(m)の2乗」で算出される値のことです。

この値が18.5未満であると「低体重(やせ)」と判断されます。

胸のサイズで悩む人はBMI値が低い、いわば痩せ型の方が多く、脂肪注入豊胸を受けられるか知りたいという方が多いようです。

それでは、脂肪注入豊胸手術とはそもそもどのような手術なのでしょうか?

そもそも脂肪注入豊胸手術とは?

そもそも脂肪注入豊胸手術とは、どのような手術なのでしょうか?

脂肪注入豊胸手術とは、自分の身体から吸引した脂肪をバスト内に注入する方法の手術のことです。

自分の脂肪をバストに移しかえるため、自然な触り心地、見た目のバストを目指すことができます。

豊胸したことがバレるのが怖い、ナチュラルにバストアップしたいという方から人気を集めている手術です。

また、脂肪を他の場所から吸引するため、ダイエット効果もあり、ダイエットしたいと考えている人からも利用されることがあります。

痩せ型で脂肪注入豊胸を断られるケース

痩せ型で脂肪注入豊胸を断られるケースがないとは言い切れません。

クリニックや医師によっては、脂肪注入豊胸では理想のバストを実現できないと判断され、施術を断られるケースも見受けられます。

また、身体に与える影響を考えた際に、ダメージが大きいと判断された場合、そもそもアレルギーなどが原因で断られる場合など、さまざまなケースがあるようです。

身体を危険にさらして無理矢理手術を受けないように、しっかりと医師の判断に従いましょう。

痩せ型が脂肪注入豊胸を受ける際の注意点

痩せ型が脂肪注入豊胸を受ける際はどのようなポイントに気をつければいいのでしょうか?

ここでは、痩せ型が脂肪注入豊胸を受ける際の注意点を紹介します。

サイズアップに制限がある

脂肪注入豊胸を受ける際に知っておきたいのは、サイズアップに制限があることです。

特に、痩せ型の方は吸引できる脂肪量に限りがあるため、希望のバストサイズを目指せない可能性があります。

シリコンバッグ挿入豊胸などは、脂肪ではなくシリコンバッグを挿入するため大幅なバストアップを目指すことが可能です。

しかし、脂肪注入豊胸は自然なバストを目指せるものの、希望のサイズに届かない可能性があることを認識しておきましょう。

吸引部が目立つ

脂肪注入豊胸では、太ももやお腹、お尻などから脂肪を吸引します。

脂肪を吸引する際にできた傷跡が残ってしまうケースも多いので注意が必要です。

クリニックの中には、吸引部が目立つという理由で、自分では確認しにくいお尻と太もも裏などから脂肪を吸引するところも見受けられます。

そのため、吸引部の傷跡を残したくない人は、別の手術を選ぶことをおすすめします。

体重を増やさなくてはいけないケースもある

クリニックや医師によっては、体重を増やすように指示があるケースも見受けられます。

痩せ型にとって体重を増やすことは決して簡単ではありません。

無理矢理体重を変化させることで、健康上に影響が及ぶ可能性もあります。

さらに、豊胸手術後に体重が元に戻ってしまうと、サイズアップしたバストもボリュームダウンしてしまう可能性があるため注意が必要です。

体重を増やす指示は、豊胸効果を最大化するために行われますが、どうしても体重増加が厳しい場合は、他のクリニックで相談してみる、他の手術を検討してみるなどして、別の手段を選ぶようにしましょう。

痩せ型が脂肪注入豊胸を受けるポイント

ここでは、痩せ型が脂肪注入豊胸を受けるポイントを紹介します。

ベイザー脂肪吸引を行う

ベイザー脂肪吸引を使用することで、脂肪を効率的に吸引するというクリニックも見受けられます。

ベイザー脂肪吸引では、超音波を照射しながら脂肪を吸引していくため、深いところにある脂肪を除去することが可能と言われています。

乳房拡張機器を利用する

痩せ型の方は、バスト内に脂肪を注入できるスペースに限度があることが多いです。

そのため、乳房拡張機器を利用して、脂肪を注入できるようにします。

乳房拡張機器とは、皮膚と皮下組織を伸ばすお椀型の拡張機器です。

さらに、乳房拡張機器を利用することで血行促進効果も期待できます。

血行が促進されることで脂肪が定着しやすくなり、安定感のあるバストを目指せる仕組みです。

脂肪を分散させる

脂肪を分散させることで、安定したバストを目指しやすくなります。

脂肪を注入する際に、同じ箇所に一気に脂肪を入れてしまうと、固まりやすくなったり、しこりができやすくなったりします。

脂肪を分散させながら注入することで、このような事態を避けることができると言われています。

これは医師の技術力も大きく関係しているので、実績のあるクリニックを選ぶ、医者の経歴を確認するなどして、スキルのある医師に担当してもらうようにしましょう。

カウンセリングで相談する

痩せ型が脂肪注入豊胸を受ける際は、まずカウンセリングで相談することが大切です。

痩せ型で手術を受けることに不安を感じていると伝えましょう。

さまざまな手術を展開しているクリニックであれば、脂肪注入豊胸以外の手術の方法を提案してくれます。

豊胸手術は身体に関わることなので、不安がある状態で手術を受けるべきではありません。

しっかりとカウンセリングで不安な点を解消してから手術を受けるようにしましょう。

痩せ型におすすめする脂肪注入豊胸以外の豊胸手術

ここでは、痩せ型におすすめする脂肪注入豊胸以外の豊胸手術を紹介します。

脂肪再生豊胸とは

脂肪再生豊胸とは、クリニックビューティー恵比寿が開発した豊胸術です。

血漿、線維芽細胞成長因子、脂肪乳剤で構成される脂肪再生豊胸溶液をバストに注入します。

脂肪組織の自己再生能力が活性化するため、ナチュラルな状態のバストを成長させることができるのです。

クリニックビューティー恵比寿が商標登録を行った「バストグロウ」は、安全性が高い手術として多方面から注目を集めています。

脂肪再生豊胸のメリット

脂肪再生豊胸にはさまざまなメリットを期待できます。

先述した通り、脂肪再生豊胸は安全性の高い手術といわれています。

メスを使用しないため、身体への負担が軽いだけでなく、感染症や発がんのリスクもありません。

手術自体は局部麻酔を必要としないので、笑気ガスと麻酔クリームのみで10分程度で完了します。

さらに、自然なバストを目指せるため、触り心地や見た目がナチュラルなバストを手に入れたい方に人気です。

まとめ

今回の記事では、痩せているけど豊胸手術を受けたいと考えている方に向けて、痩せ型が脂肪注入豊胸を受けるポイントや注意点を解説しました。

BMI指数が18.5の痩せ型であっても、脂肪注入豊胸を受けることが可能です。

しかし、希望通りのバストを目指すのは難しく、中には太るように指示があるケースも見受けられます。

このような注意点を踏まえた上で、自分にとって最適な手術の方法は何かを考えることが大切です。

脂肪再生豊胸は脂肪を移動させるのではなく、脂肪細胞を成長させる手術になります。

安全性が高く高い評価を得ているので、詳細を確認してみてください。

CLINIC BEAUTY

CONTACT

美容医療業界20年以上
経験豊富院長ご対応いたします。

~ 診療・無料カウンセリング予約 ~

~ 経験豊富な院長にする ~